体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『銃・病原菌・鉄』のジャレド・ダイアモンド来日講演 全文書き起こし(2/2)

科学未来館の質問に答えるダイヤモンド氏

 世界的ベストセラー作家ジャレド・ダイアモンド氏の講演が2013年2月11日、日本科学未来館で開かれた。主催者の「日本科学未来館」が進める「つながり」プロジェクトから、5つの質問がダイヤモンド氏に投げかけられた。人間が今後も活動を続けていくためのヒントとして、江戸幕府の森林政策が例に出されるなど、ダイヤモンド氏は独自の視点から考えを述べた。

・全文書き起こし(1/2)はこちらから
http://news.nicovideo.jp/watch/nw535329

■ 「生物全体の中で人間はどのような存在でしょうか」

 ダイアモンド先生、どうもありがとうございました。

 それでは、第2部では人間と地球のつながりに関する、いくつかの問いにまいります。日本科学未来館で取り組んでおります「つながりプロジェクト」では、持続可能な未来のために私たち一人一人が3つのつながりを実感することを重要と考えております。それは、「生命のつながり」「人と地球とのつながり」そして「未来へのつながり」です。第2部では、このつながりに関連して、ダイアモンド先生に5つの問いかけをさせていただき、1問ずつお答えいただきます。

――それでは、1つ目の問いにまいります。生物全体の中で人間はどのような存在でしょうか。

 5万年ほど前に、宇宙から人が来たとしましょう。彼らはどんな風に地球人を見たでしょうか。4,000種の色々な生物があります。ビーバー、タヌキ、チンパンジー、猿、または人間のようなチンパンジー、鯨、いろいろな種がいるなと思うはずです。つまり、人間は地球に存在する種の1つでしかありませんでした。

 現在、われわれは自分たちを動物だと思っていません。われわれとしては、動物と人間を別物という風に認識しているわけです。でも、5万年ほど前は違いました。その他の種と同列だったのです。

 また、進化論や遺伝学で分かったことですが、99%の遺伝子はチンパンジーのものと一緒です。われわれの遺伝子の中のどこか1%だけが違って、だから私たちは言語を話せて、博物館のような会場の中でこうして講演を聞くことができるわけです。そして、何か1%が違ったために、チンパンジーには言語がなくて、動物園にいて、そして匿われたような状態にいるのです。

 では、何が違うのでしょうか。私たちは、なぜ自分たちは動物ではなくて人間だと言っているのでしょうか――この問いは、生物学者に任せておきましょう。私の1つ目の著書『人間はどこまでチンバンジーか』という本でも、その辺は少し触れています。また言語というものが人間とその他の動物とを分ける非常に大きな要素だと思うのです。もしかしたらチンパンジーと私たちは喉の構造が違って、チンパンジーも喉の構造が変われば言語が話せるのかもしれません。いずれにしても、なぜ人間がチンパンジーと違うのかについては、まだよく分からないことが多いのです。

■ 「地球と人間はどのように影響し合う存在でしょうか」

――2つ目の質問です。地球と人間はどのように影響し合う存在でしょうか。

 率直に思うのは、人間はほとんどの自然の資源を使っているということです。他の動物ではなく、この人間たちが使っているのです。太陽光線が地球に注ぎ、それを使って光合成が行われて、草木が育ちます。実は太陽エネルギーの80%は人間が使っているのです。野菜を栽培をしたり米を作ったり、あるいは草を栽培したり森林の再生育成などにも使われています。しかし、残りは人間が使っているわけではありません。光線が注がれても、使われていないものがあるのです。残りの20%は、その他の動物や魚、カエルなどが使っています。

 それにも関わらず、人口は増えています。ということは、エネルギーの消費量が増えているということです。もうすでに、80%の太陽光エネルギーをわれわれは使っているのに、人口が増えたらどうなるか。消費率が増えて、太陽光エネルギーを100%まで使ってしまうかもしれません。すると、ネズミや魚、花などその他が使うものが残らなくなってしまいます。他の自然のエネルギーについても同じです。酸素、二酸化炭素、水、土壌、魚、森林についても、同じです。もうすでにほとんどの資源を使っているのに、これよりも人口が増えたら、自然資源がみんな使われてしまい、昆虫や蛇には残らなくなってしまいます。現在、地球と人間はこのような形で影響し合っているのです。

■ 「変化し続ける地球環境の歴史の中で、いま私たちはどのような状況に置かれているのでしょうか」

――3つ目の問いにまいります。変化し続ける地球環境の歴史の中で、いま私たちはどのような状況に置かれているのでしょうか。

 いま、私たちは地球の歴史上で、非常に特別な時代にいると思います。過去には、もっと人口が増えたとしても、それを賄うだけの消費を許容する余地があったのですが、もうすでに太陽光の80%のエネルギーを使ってしまっています。持続可能かと言えば、そうではありません。
すでに森林、魚、土壌、淡水などのいろいろな資源をすべて、どんどん利用してしまっているわけです。

 消費の速度を考えたときに、あと何年で水や森林がなくなってしまうのでしょうか。30年? 40年? それとも50年でしょうか? ――そうですね。例えば、2050年くらいのことを考えましょう。それまでに持続可能な経済を作れるのであれば、その後100年も200年も持続できると思います。しかし、もし持続可能な経済を実現できないのであれば、またいろんな魚や森林や淡水などの資源の利用をしつくしてしまったならば、それは無理です。先進国のニューヨークや東京のような都市もなくなり、日本という文明もなくなり、ヨーロッパやアメリカという国々も消えるでしょう。例えばニューギニアの伝統的社会の人のような暮らしをして生き延びられたとして、その先はどうなるでしょうか?

 どういう形で未来を生きるかを決断するのは、私たちです。水や土壌や魚の問題があり、それをどういう風に解決していくかだと思います。解決するのであれば、ぜひしたいところです。そのときには、持続可能な未来があると思います。30年から80年後ですから、私が生きていたら解決を見ることになるかもしれませんが、それはわかりませんね。

■ 「この先、人間が活動を続けていくために、私たちはどうあるべきでしょうか」

――4つ目の問いにまいります。この先、人間が活動を続けていくために、私たちはどうあるべきでしょうか。

1 2次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。