ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、クアッドコアCPU搭載のAndroid 4.1スマートフォン「ARROWS A 201F」を2月16日に発売、先着5,000名にモバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンも実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは2月14日、富士通モバイル製Androidスマートフォン「ARROWS A 201F」を2月16日より発売すると発表しました。また、同日より応募した方先着5,000名にオリジナルデザインのモバイルバッテリー「ARROWS×EXILEモバイルバッテリー smart energy card for smartphones」をプレゼントするキャンペーンが実施されます。ARROWS A 201Fは、4.7インチ1,280×720ピクセルのTFT液晶とSnapdragon S4 Pro APQ8064 1.5GHzクアッドコアプロセッサを搭載した大画面・ハイスペックなAndroid 4.1スマートフォン。ソフトバンクが昨年7月に開始した900MHz帯の電波を使った携帯サービスに対応するほか、AXGP方式を採用した下り最大76Mbpsのデータ通信サービス「SoftBank 4G」にも対応します。また、「おサイフケータイ」、「赤外線通信」、「ワンセグ」、防水(IPX5/X8)・防塵(IP5X)など国内において定番となっている機能にも対応します。 ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.0、DLNA(DTCP-IP対応)、NFC(FeliCa、Tyoe-A/B)、赤外線通信(IrDA)、ULTRA SPEED(下り最大42Mbps/上り最大5.76Mbps)、SoftBank 4G (下り最大76Mbps/上り最大10Mbps)に対応。バッテリー容量は2,420mAhで、静止時の待受時間は約300時間(4G)/約460時間(3G)/約450時間(GSM)、静止時の通話時間は約640分(3G)/約 520分(GSM)。本体サイズは129㎜×65㎜×10.8mm、質量151g(発表時点よりも0.1mm薄くなり、質量が6g増しました)。カラバリはオーシャンブルー、スパークリングピンク、ブラック、ホワイトの4色。Source : ソフトバンク



(juggly.cn)記事関連リンク
HTCの2013年エントリーモデル”G2”のホーム画面スクリーンショットが流出
Optimus G Pro韓国版の実物写真、カラバリにはブラックとホワイトが存在
Sony Mobile製LTEスマートフォン「PM-0320-BV」とWi-Fiタブレット?「TS-0000-BV」が技適を通過

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。