体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Wii were the world『ディシプリン*帝国の誕生』独占ニコニコ生放送

rimg0422_11

Wiiウェア専用ゲーム『ディシプリン*帝国の誕生』(以下、ディシプリン)が8月25日(火)に配信開始となり、Wiiウェア売り上げランキング2位(2009年9月12日付)と、驚異的な売り上げを記録した。ガジェット通信編集部は発売前から現在にいたるまで、何度となく制作総指揮であるゲームクリエイター飯田和敏氏に接触・密着し、そのつぶやきに耳を傾けてきた。

飯田氏がゲームデザインをした『ディシプリン』は、他のゲームと比べるとゲーム内容が極めて奇抜で、世界観、ストーリー、目的、すべてにおいて異例のものとなっている。このゲームに関しては内容を語るだけ野暮であり、実際にプレイして体験することがベストであることから、ここでの詳しい説明は避けたいと思う。

どのゲームも開発者が伝えたいこと、つまりテーマがある。『Dの食卓』にもあるし、『ドラクエ9』にも『FF13』にもあるはずだ。もちろん、『ディシプリン』にもある。さきほど「ゲーム内容が極めて奇抜」と述べたが、このゲームが奇抜である理由は、飯田氏が伝えたいテーマが奇抜だからといえよう。

ゲームのことはまったくと言っていいほど分からない当記者であるが、クリエーターや開発者がこれほどまでに覚悟を決め、腹をくくり、ひとつのゲームを世に送り出していることを知り、心を動かされたのは事実である。

2009年9月14日、『ディシプリン』に関するイベントが開催される。Wii were the world『ディシプリン*帝国の誕生』大感謝祭 ~生んでくれてありがとう~』だ。会場となる『阿佐ヶ谷ロフトA(http://www.loft-prj.co.jp/lofta/)』に『ディシプリン』関係者が再集結する。このイベントの模様を『ニコニコ生放送』ガジェット通信チャンネル(http://ch.nicovideo.jp/channel/ch222)で配信することとなった。

このイベントには『ディシプリン』関係者だけでなく、飯田氏と親交の深いゲーム業界人や有名人が飛び入り参加する可能性もあるのだとか。おとなもこどもも、おねーさんも、ご先祖も、14日は阿佐ヶ谷ロフトAに注目だ。

<ニコニコ生放送詳細>
番組名: Wii were the world 『ディシプリン*帝国の誕生』大感謝祭~生んでくれてありがとう~
番組入り口: http://live.nicovideo.jp/gate/lv3997824
日時: 2009年9月14日(月) 19:00から配信開始
※終了時間延長の可能性あり

<飯田和敏からみんなへ>
このゲームに、『クリエーター飯田和敏』に、なんらかの形で心を動かされた方は、ぜひこの瞬間の共犯者になってほしい。すべては一緒につくり上げてきたものなのだから。誰もが驚愕、奇跡のポケットを超えてしまった『ディシプリン*帝国の誕生』。贖罪ゲームクリエイターから銀メダルゲームクリエイターに転身した飯田和敏をはじめとするディシプリン・クルー(含む、どうか/同化しているPFM)が性懲りもなく再び公共空間でアフォーダンスする。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会