体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スリングショット猟の意義と法律解釈

スリングショット猟の意義と法律解釈

今回は野尻抱介さんのブログ『野尻blog』からご寄稿いただきました。
※写真には気分を害する可能性がございますのでご注意ください。
※記事のすべての画像が表示されない場合は、http://getnews.jp/archives/288085をごらんください。
※この記事は2013年01月22日に書かれたものです。

スリングショット猟の意義と法律解釈




(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm19764352?via=thumb_watch

新年早々、こんな動画を公開した。
現在の日本で、誰でも無免許・無許可で野鳥や野生動物を狩ることが許されている――と言ったら、まさかと思うかもしれない。案の定、動画の冒頭では「違法行為です!」という自信満々なコメントが相次いだ。遵法精神が横溢しているのなら結構なことだが、肝心の法律をよく知りもせずに人を非難する態度を見る限り、「他人が勝手なことをしているのが気にくわない」「合法なら我慢するが違法なら叩くぞ」という単純なメンタリティのような気もする。
動画の進行とともにコメントは変化してゆく。法律解釈が説明されると違法の指摘は鳴りをひそめ、狩りの場面になると「かわいそう」「残酷」という感情論が現れる。そして捕獲された鴨が解体されて肉になると、「おいしそう」が支配的になるのだった。「かわいそう」も「おいしそう」も素直な気持ちであろう。私だってそう感じた。良くも悪くも、感じたことがストレートにコメントされるのがニコニコ動画の面白いところだ。

実世界は複合的で、快楽ばかりを提供するゲームのようにはできていない。野生生物は美しく、気高く、賢い。しかし愚かで、臆病で、不潔で、醜くもある。希少種があれば増えすぎた種もいる。仕留めれば痛快だし、かわいそうだ。食べれば美味しいし、不味いこともある。こうしたことを全部ひっくるめて抱えていくのが人のいとなみである。

スリングショット猟はこれらすべてを体験させてくれる。そしてヒトという生き物自身が、狩猟採集で生存するためによくチューニングされており、現代生活ではその才能の多くを眠らせていることに気付かせてくれる。これは、ちょっと較べるものが思いつかないほど素晴らしい学習機会である。昔の子供にとって日常の一部であったことを思えば、もっと広く行われてもいいのではないだろうか。

頸動脈を射貫かれ、血の筋をひいて漂うヒドリガモ。

スリングショット猟の意義と法律解釈

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/nojiri01.jpg

タモ網で回収したところ。

スリングショット猟の意義と法律解釈

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/nojiri02.jpg

肛門からバードフックを差し込み、腸を抜き取る。肉の味を落とさないための処置。

スリングショット猟の意義と法律解釈

(画像が見られない方は下記URLからご覧ください)
http://px1img.getnews.jp/img/archives/nojiri03.jpg

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会