体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

形のいい80センチのバストを男児の手だけで隠した“手ブラ”を披露」は2号ポルノの疑い

形のいい80センチのバストを男児の手だけで隠した“手ブラ”を披露」は2号ポルノの疑い

今回は奥村徹(大阪弁護士会)さんのブログ『奥村徹弁護士の見解』からご寄稿いただきました。
※この記事は2013年01月10日に書かれたものです。

形のいい80センチのバストを男児の手だけで隠した“手ブラ”を披露」は2号ポルノの疑い

不愉快というか、違法の疑い。

写真があるようですが、絶対に見てはいけません。

性器等=性器、肛門又は乳首をいう。

2号ポルノ=児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

なので、児童に乳首を触らせると、2号ポルノに該当する疑いがあります。

法律上は、児童が性器、肛門又は「乳首」を触らなければ抵触しないことになります。法律は「乳首」以外の乳房ならOKというのです。ちょっと変な規定ですが、1号2号は児童が裸である必要はありません。児童の裸は3号ですので

児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律

第2条(定義)

この法律において「児童」とは、十八歳に満たない者をいう。

2 この法律において「児童買春」とは、次の各号に掲げる者に対し、対償を供与し、又はその供与の約束をして、当該児童に対し、性交等(性交若しくは性交類似行為をし、又は自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等(性器、肛門又は乳首をいう。以下同じ。)を触り、若しくは児童に自己の性器等を触らせることをいう。以下同じ。)をすることをいう。

一 児童

二 児童に対する性交等の周旋をした者

三 児童の保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)又は児童をその支配下に置いている者

3 この法律において「児童ポルノ」とは、写真、電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られる記録であって、電子計算機による情報処理の用に供されるものをいう。以下同じ。)に係る記録媒体その他の物であって、次の各号のいずれかに掲げる児童の姿態を視覚により認識することができる方法により描写したものをいう。

一 児童を相手方とする又は児童による性交又は性交類似行為に係る児童の姿態

二 他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

三 衣服の全部又は一部を着けない児童の姿態であって性欲を興奮させ又は刺激するもの

森山野田「よくわかり改正児童買春ポルノ法」

P78

(6) 性器等に触り・触らせる行為は、そのすべてが性的な行為とまでいえないので、処罰範囲範を合理的に限定するため、「自己の性的好奇心を満たす目的」の要件を付けています。例えば、医療行為で性器等に触ることがありますが、このような行為は一般的には性的な行為とはいえません。

(7) 「性器等」とは、性器、肛門又は乳首をいいます。このような身体の部位に触り・触らせる行為は、性交、性交類似行為に準ずる性的な行為であると考えられます。

(8) 自己の性的好奇心を満たす目的で、児童の性器等を触り、又は自己の性器等を触らせる行為とは、例えば、児童の性器等に触っているが性交類似行為とまでは認められない行為が挙げられます。

P79

(16) 「他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態」とは、他人が児童の性器等を触る行為に係るもの、児童が他人の性器等を触る行為に係るものの2種類の児童の姿態のことをいいます。性器等とは、性器、肛門又は乳首のことです。

児童のこのような姿態であることが視覚により認識することができるものであれば、性器等が描写されていないもの、又はその部分にぼかしが施されているものでも、児童ポルノに当たります。

(17) 「性欲を興奮又は刺激する」という要件を付したのは、他人が児童の性器等を触る行為又は児童が他人の性器等を触る行為に係る児童の姿態を描写したものの中には、少年相撲の取組を搬影したものや、医学図書に掲載された児童に対する治療行為を撮影したものが含まれることになり、このようなものを処罰の対象から除外するためです。

警察庁執務資料(古い)P7

1 2 3次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。