ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

KDDI、テレビをスマートTVに変えるスティック型Android 4.0搭載STB『Smart TV Stick』を発表、2月中旬以降に提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫


KDDIは1月15日、既存のテレビをスマートTVに変えるスティックタイプのAndroidセットトップボックス『Smart TV Stick』を発表しました。発売時期は2013年2月中旬以降となっています。

『Smart TV Stick』は次の画像のような手のひらサイズのコンパクトな筐体に、Wi-Fi・Bluetooth機能、HDMI出力端子、Androidが搭載されており、HDMI対応テレビや外部ディスプレーにHDMI接続することで、テレビなどの大画面でインターネットやAndroidアプリ、KDDIがau向けに提供している映像・音楽サービスを利用することができます。製品にはBluetoothリモコンが付属します。


OSはAndroid 4.0(ICS)を搭載しており、テレビの大きな画面でも使いやすいUIが採用されています。『Smart TV Stick』は、『Google Play』とauスマートパスに対応しており、それぞれのアプリマーケットを通じてAndroidアプリをダウンロードすることができます。このほか、KDDI独自の映像・音楽サービス『ビデオパス』と『うたパス』も利用可能です。

プリインストールアプリは、『ビデオパス』、『YouTube』、『niconico』、『うたパス』、『LISMO WAVE』、『radiko.jp』、『auヘッドライン』、『ウェザーニュース』、『auショッピングモール』、『ニッセンスマートカタログ』、『ウイルスバスター for au』、『Karada Manager for TV』、『au Smart Sports Fitness』、『キッズひろば』などが紹介されています。価格や仕様は後日発表される予定です。
Source : KDDI



(juggly.cn)記事関連リンク
ソフトバンク、「MEDIAS CH 101N」のソフトウェアアップデートを開始、緊急速報メール/緊急地震速報アプリの不具合を解消
THE NORTH FACE、トレイルラン用バックパック”Martin Wing”の16L大型版「Martin Wing 16」を1月下旬に発売
LG、Nexus 4生産中止と新Nexus発表の噂を否定

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP