ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GEANEE、1.5GHzデュアルコアCPUを搭載した7インチAndroid 4.1タブレット「ADP-704」を発表、価格は14,800円前後

DATE:
  • ガジェット通信を≫

GEANEEは12月18日、Android 4.1(Jelly Bean)を搭載した7インチAndroidタブレット「ADP-704」を発表しました。発売予定日は12月22日で、同社の予想実勢売価は14,800円前後。ADP-704は、7インチ1.024×600ピクセル(WSVGA)のタッチスクリーン(静電容量式、マルチタッチ対応)、Rockchip製RK3066 1.5GHzデュアルコアプロセッサ(GPUはMali-400×4)を搭載した小型タブレット。厚さ10.5mm、質量312gと、7インチタブレットの中では本体は比較的スリムで軽量です。OSはAndroid 4.1(Jelly Bean)が採用されていますが、Google Playには非対応。その代わり、アプリマーケットとして「Tapnowマーケット」がプリインストールされています。また、日本語入力アプリとして「Simeji」もプリインストールされています。RAM容量は1GB(DDR3)、内蔵ストレージ容量は8GB、外部メモリはmicroSD/microSDHCに対応します(最大32GB)。カメラは前面に30万画素CMOSを搭載。通信機能はWi-Fi b/g/nのみ。外部端子類はmicro USB、micro SDカードスロット、mini HDMI出力、3.5mmオーディオジャック、DC電源端子。その他、スピーカー、マイク、加速度センサーも搭載されています。バッテリー容量は公表されていませんが、連続使用時間は約3時間とのことです。本体サイズは縦192㎜×117mm×厚さ10.5㎜。質量は312g。前モデル(ADP-703)と比較して、OSがAndroid 4.0→Android 4.1にアップデート、解像度がWVGA→WSVGAに向上、プロセッサがシングルコア1.2GHz→デュアルコア1.5GHzに変更、RAM・ROM容量が倍増、HDMI出力機能が追加されるなど、仕様は大幅に強化されています。Source : GEANEE



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、Sony Tablet S/P国内モデルにAndroid 4.0.3(release5a)へのアップデートを提供開始
NTTドコモ、パナソニック製3機種「P-02D」「P-04D」「P-05D」のAndroid 4.0アップデート提供時期を来年1月下旬~2月下旬に延期
KDDI、「Optimus G LGL21」と「VEGA PTL21」のソフトウェアアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP