ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【ガジェ通日誌】捜査情報を事前に漏らして2ちゃんねる捜査を演出? あの報道の謎と捜査の予兆

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

先月26日、PC遠隔操作事件に関連し
2ちゃんねるへの書き込みについて調べるため、
という理由(たぶん)で
北海道にあるIT企業の「強制捜査」がおこなわれた
との報道がされてましたが、
あいかわらず警察は捜査の情報ダダ漏れのようです。

今回の報道をご覧になった方はピンとくると思いますが、
警察は捜査関係者が北海道のIT企業の中に立ち入るところを、
あえて一部メディアに撮影させています。
あらかじめ強制捜査がおこなわれていることを知っていなければ
撮れない映像です。

つまり警察は強制捜査がおこなわれることを事前にメディアへ伝え、
これらの写真・映像を撮らせ、
記事を書かせるよう誘導しているということです。

今回の場合捜査情報のダダ漏れも問題ではありますが、
テレビ・新聞とともに、
警察が報道を『演出』したという点も大きな問題だと思います。

これは警視庁の捜査手法の問題であると同時に、
それに呼応して警察の演出に乗っかるメディア側の問題でもあります。

あの不自然極まりない報道は、
警察とメディアの共同作業によって演出され生み出されたニュースであり、
写真・映像を観る視聴者・読者を馬鹿にし、
裏切る行為でもあると思います。

(これらの報道に対して、その北海道のIT企業自身「強制捜査ではなく間違った報道がなされている」というコメントを即日発表しています)

問題は、それらの演出がどういう意図を持っておこなわれたかということです。
そもそもの捜査の理由も理解できないものですし、
ここのところは正直よくわからないです。

はっきりしているのは捜査対象に対する明確な悪意があるということでしょうか。
そうでなければ「威力業務妨害」の疑いで捜索し、こんな演出はしないでしょう。

じゃぁ「なんのために」ってのはほんとによくわかりません。
PC遠隔操作事件の解決が遅れてるのは2ちゃんねるのせい、
とでも言いたいんでしょうか。
しかしそんな印象操作がうまくいくとも思えないですし、
やっぱりよくわかりません。

そういえば今回のニュースの少し前、
例によってガジェット通信にとある新聞社が
突然アポなしで取材に来ました。
例のごとくあの時点で捜査情報が漏れてたんでしょう。

ここのところしばらく新聞・テレビからガジェット通信への取材は
途絶えていましたが、
再度マスコミからのアプローチがはじまったことで、
警視庁になんらかの動きがあり、
何か情報を漏らしたんだなというのは察知できました。
「強制捜査」の可能性も含めて。

今回の北海道の捜査は警視庁をはじめとする合同チームが
担当しているとのことですが、
あいかわらず捜査情報の管理がずさんだと言わざるを得ません。

昨年の2ちゃんねる関係の一連の強制捜査でも
事前に捜査の情報がメディアへ漏れていました。
それから一年経ちましたが
このずさんな情報管理について
まったく改善されるきざしが見えません。

一体どのようにして警察から捜査情報が漏洩し
マスメディアに伝わっているのか、
第三者がきちんと調べる必要があるのではないでしょうか。

捜査前にこのような予兆があるという”ライフハック”は
今回の一連の出来事ではじめて知ったのですが、
事前にやることがわかってしまう強制捜査って、
意味あるんでしょうかね?

まぁ、全然意味ないですよね。

ともあれ、
ガジェット通信は警視庁の目に余る不法行為に対し、
訴訟を起こす予定です。


※TBSnewsi動画より引用
http://www.youtube.com/watch?v=g8DUTxXJHsA


※ANNnewsCHより引用
http://www.youtube.com/watch?v=gnJdDe_zLQs

※トップ画像:北海道新聞より引用 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/422371.html

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

ニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル代表。東京産業新聞社代表。ハリウッドエンターテイメントビジネス誌『Variety Japan』Senior Editor。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP