体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

孫正義氏の評伝『あんぽん』に盗用を発見~佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第9回)

表紙

【特別取材班より:この連載のすべてのリンクと画像をご覧になりたい方は、ガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。】

『あんぽん』というタイトルの悪意

「週刊ポスト」で「化城の人」連載が始まる前、佐野眞一氏は同誌で「あんぽん」という大型連載を執筆していた(第1部は2011年1月7日号から3月25日号まで。第2部は2011年7月29日号から9月23日号まで掲載)。

この連載は『あんぽん』(小学館、2012年刊行)として単行本化され、10万部を超えるベストセラーになっている。

『あんぽん』とは、ソフトバンク社長・孫正義氏が幼少のころ呼ばれていた蔑称である。
在日韓国人としての旧姓「安本」の読み替えであり、「あんぽんたん」というニュアンスも含んでいる。

「あんぽん」という韓国風の発音が、自分の出自を隠して生きてきた孫の自尊心を深く傷つけた。(『あんぽん』16ページ)

と綴っているにもかかわらず、孫氏が不快に感じる蔑称をメインタイトルに据えるセンスは佐野氏流だ。

ガジェット通信特別取材班は、佐野氏のベストセラー『あんぽん』についても盗用の疑いがあるか調査を始め、巻末に掲げられていた以下の参考文献と、『あんぽん』本体を仔細に読み比べてみることにした。

・松原耕二『勝者もなく、敗者もなく』(幻冬舎、2000年9月刊行)
・孫泰蔵『孫家の遺伝子』(角川書店、2002年8月刊行)
・児玉博『幻想曲 孫正義とソフトバンクの過去・今・未来』(日経BP、2005年6月刊行)
・大下英治『孫正義 世界20億人覇権の野望』(KKベストセラーズ、2009年5月刊行)
・孫正義・佐々木俊尚『決闘ネット「光の道」革命』(文春新書、2010年10月刊行)
・井上篤夫『志高く 孫正義正伝 完全版』(実業之日本社文庫、2010年12月刊行)
・菊池雅志『孫正義が語らないソフトバンクの深層』(光文社、2010年12月刊行)

『あんぽん』と参考文献を読み比べながらページを繰っていくうちに、ガジェット通信特別取材班は看過できない点に気づいた。
松原耕二『勝者もなく、敗者もなく』からパクったと思われる部分が『あんぽん』に記されているのだ。
ちなみに松原耕二氏とは、TBS「NEWS23クロス」でメインキャスターを務めていたこともあるジャーナリストである。

それだけではない。
大下英治『孫正義 世界20億人覇権の野望』と井上篤夫『志高く 孫正義正伝 完全版』については、「参考文献を見ながら取材先をリストアップし、両者の取材をトレースしただけではないか」と疑念をもつ箇所がいくつも見つかった。
取材相手が丸かぶりなうえ、相手から取ったコメントまで似通っているのだ。

大宅壮一ノンフィクション賞の選考委員・深田祐介氏はかつて、佐野眞一『紙の中の黙示録』が自分の著作『新東洋事情』の取材先をことごとくトレースして描いていることに激怒し、『紙の中の黙示録』は大宅賞受賞を逃した(この件が尾を引いたのか、佐野氏は4回も連続で大宅賞受賞を逃している)。

※詳しくは本連載第5回をご覧いただきたい。
立花隆氏、柳田邦男氏も呆れた……佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第5回)[リンク]

TBS松原耕二氏の著書からのパクリ疑惑をご紹介する前に、「取材行為のトレースが疑われる部分」を6点にわたってご紹介しよう。少々長くなるが、以下おつきあいいただきたい。

疑惑その1

三上のクラスで、正義たちは通信ノートを交換していた。そのノートは八冊にもおよんだ。内容は多岐にわたっている。
(略)
正義は別の詩も書いている。この詩からは、小学校六年生の心情がまざまざと浮かび上がってくる。後年のホン・ルーとの友情やモーザー博士への信頼の情さえ、すでに萌芽として見られるのではないか。

【以下、孫正義少年の詩「涙」を全文引用。ただし『あんぽん』とは句読点の使い方が何カ所も異なる。】
(井上篤夫『志高く 孫正義正伝 完全版』実業之日本社文庫、2010年刊行、115~117ページ)

【※引野小学校5・6年生時代の担任】三上【※喬】は快く家にあげてくれ、小学生時代の孫の思い出を語ってくれた。
(略)
三上はそう言って、一冊のノートをテーブルの上に広げた。(略)通信ノートと記されている。(略)孫が十二歳のときである。
そこに「涙」という孫の自作の詩が書きこまれていた。
〈君は、涙をながしたことが
あるかい。
「あなたは。」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。