ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【2012年11月19日~11月25日あなたの運勢】ガジェ通12星座占い ベスト3

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
今週の1位

タロット占い『Nikolaschka (ニコラシカ)』が、今週1週間のあなたの運勢を占います。2012年11月19日~11月25日の運勢 星座別ランキングはこちら!

第1位:射手座

手を広げるよりも身近なことから丁寧に片付けていきましょう。人づきあいも大勢と賑やかに過ごすより恋人や家族や親友といった気のおけない人たちと濃密な時間を持つことが幸運の鍵。ただし攻撃的な態度や暴言は敵を増やすことになりかねないので注意が必要です。

第2位:天秤座

趣味や興味のある分野で新たな出逢いが期待できそうです。イベントや会合には積極的に参加して吉。これまでの人たちと全く違う価値観などに触れ最初のうちは戸惑うかもしれません。しかしその経験があなたの成長を今後手助けしてくれることは間違いないようです。

第3位:蟹座

他者のためにがんばると見返りが得られずストレスが倍増してしまいそう。今週は自分を最優先にして吉。自分のためだと考えれば前向きに取り組むパワーもわいてくるはずです。周囲からのよけいな詮索や嫌味はいちいち相手にするのではなく聞き流してしまいましょう。

12星座すべてのランキングを見たい方は、今日のガジェ通12星座占いの全結果をこちら( http://getnews.jp/archives/273810 )からご覧ください。


第4位以下のランキングはこちら!

第4位:乙女座
周囲の人たちとの対話が今後成功するか否かの鍵となるでしょう。幅広くいろんな意見に耳を傾けて。その際客観的な姿勢を崩さないことも大切。個人的感情で誰かに肩入れするのは不和の元。面倒事でも引き受けた以上は最後までやり抜くこと。投げ出すと後悔しそう。

第5位:蠍座
新しいことに取り組むよりもこれまで積み重ねてきた経験や技術をさらに向上させることに向いているとき。マンネリは仕方がないことですが要領やコツはつかめているので自信を持って取り組むことができるはずです。新たなことに挑戦するのは現状の地固めをしてから。

第6位:魚座
過去にやり残してきたことや諦めたことをやり直す機会がめぐってくるかもしれません。再挑戦するのは勇気や根気がいることですが必ずあなた自身の成長につながります。金銭運が不調。衝動買いにはくれぐれもご注意を。また健康運にも危険信号が。無理はしないこと。

第7位:牡牛座
集中力がとぎれがちなとき。また楽なほうへと流されがちなときでもあります。そのときは楽ができて良いかもしれませんが後でどう響いてくるのかまで考えて行動したほうが良いでしょう。お酒の席では過ぎたことを引きずった愚痴などに気をつけて。笑顔が幸運の鍵。

第8位:牡羊座
男性との折り合いがうまくいかない週となるかもしれません。特に年齢や立場が上の男性との相性が悪く辟易してしまいそう。相手を適当に立ててうまく気持ちを切り替えるように心がけましょう。不真面目な態度は禁物です。週末は家族など身近な人との時間を大切に。

第9位:獅子座
節度ある言動が好印象の秘けつ。でしゃばり過ぎず引っ込み過ぎずを意識しましょう。また自分の価値観を押しつけがちなので注意。相手の意見も尊重するよう心がけて。しばらくは見返りが得られない骨折り損のくたびれもうけが続くかもしれないので適度に息抜きを。

第10位:水瓶座
心身ともに疲れがたまっているようです。刺激的なことは避けて吉。平凡でやや退屈を感じる場面があるかもしれませんが平穏であるというのは幸せなこと。たまにはのんびり過ごすのも悪くはないでしょう。新しいことを学ぼうとするよりもこれまでの経験を活かして。

第11位:双子座
心身の調子がかみ合わず不安定な一週間となりそうです。周囲の人たちとの関係にも暗雲の兆し。売り言葉に買い言葉や失言といった言葉のトラブルにはくれぐれも注意が必要です。謙虚な気持ちで周りの人たちと協調していくことを意識して。ストレスは週末で解消を。

第12位:山羊座/strong>
運気はやや低調傾向。この低迷期が過ぎるまで大きな行動は起こさずじっと待つしかないようです。またこの時期は外に出るよりも家のなかで充実するよう工夫すると思いもよらぬ気付きや発見があるかもしれません。あまり目の前のことだけにとらわれないことが肝要。

占い提供:『Nikolaschka (ニコラシカ)』

カテゴリー : エンタメ タグ :
nikolaschkaの記事一覧をみる ▶

記者:

TwitterID: nikolaschka0815

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。