体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宗教団体の手帳コレクション2012(後編)

宗教団体の手帳コレクション2012(後編) 宗教団体の手帳コレクション2012(後編)

5 神社本庁「日記」神社新報社刊

 日本の神社の大半を包括する神社本庁の手帳は「日記」とシンプル極まりない名前。通称は「神職手帳」で、実際宮司に配られるものはそういうハンコが押されてたりするようだが、一般売りのものは「日記」。伊勢神宮ではなく「神宮」と呼ぶような潔さがある。

 

「御歴代天皇・年号簡易一覧表」という、いかにも神社本庁らしいナイスなものや、郵便料金表、度量衡換算表といったものもあるが、注目したいのは「全国神社鎮座表」(下図)。47都道府県+米国の主要神社の宮司名・電話・ファックス・住所・例大祭の日が記されており、パワースポット女子や神社マニアにはこたえられないものになっている。ここに載っている神社を一つ一つ制覇していくだけでも楽しいだろう(でも、これに載っていないような小さいお宮だってとても素晴らしいですよ!)。靖国神社や日光東照宮、伏見稲荷大社など、神社本庁と包括被包括の関係にない神社も掲載されているのが興味深い。神社本庁や都道府県神社庁の役員リストも載っている。

宗教団体の手帳コレクション2012(後編)

 巻末には40ページ近い神社関係業者の広告が載っているのは、費用をペイするという点でも、利便性でもよく考えられていて頭がいいと思う。これで教育勅語が載っていたら完璧だった(「敬神生活の綱領」は載っている)。ダイアリー部には神武天皇祭などの神道系行事の日にちも載っている。

宗教団体の手帳コレクション2012(後編)

6 カトリック「カトリック手帖」ドン・ボスコ社刊

 今回紹介した手帖の中では最も小さく、メモ帳サイズ(大判サイズもあり)。但し内容はかなり濃い。ダイアリー部には聖書の名言とその日拝読すべき箇所の指示があり、カトリック的に何の記念日かといったことも記されている。例えば10月28日は年間第30主日で、マルコによる福音書の10章46節から52節(イエスが盲人バルテマイに光を与えて信徒にしたシーン)を読むべしと推奨されている。

 資料部の充実が嬉しい。「日々の祈り」として、主の祈り、アヴェ・マリアの祈り、ニケア・コンスタンティノープル信条が載っているし、ミサ式次第も書かれている。これはカトリック信徒必携ではないか。冠婚葬祭ミニガイドなんてのもちょっとだけあって、「教会では、日本固有の暦による厄日や吉凶、方角などにこだわる必要はありません。しかし、どちらかの家の親族の中に気にする人がある場合、考慮しても結構です」と、現実的なことが書いてあって好感を持つ。カトリックって案外こういうとこ融通きくんですよ。全国教会一覧付き。オマケのボールペンも嬉しい。

 私が去年買ったのはこの無地の奴だが、今年は「善きすすめの聖母」「システィーナの聖母」をあしらったタイプも出ているようだ。

宗教団体の手帳コレクション2012(後編)

7 日本基督教団「牧会手帳」日本基督教団出版局刊

 カトリックが出たならプロテスタント最大教派の日本基督教団の手帳も紹介せねば。カトリック手帖と同様に、ダイアリー部にその日拝読すべき聖書の箇所が書かれている。例えば10月28日なら、降誕前第9主日であり、箴言8-1と22〜32、ヨハネの黙示録21-1〜4と22〜27、マタイによる福音書10-28〜33、詩篇8-2〜10を読むべしとされている。

1 2 3次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会