体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【動画】まさにプロの犯行 ホンダが軽自動車『N-ONE』実寸大のアレを制作

【動画】まさにプロの犯行 ホンダが軽自動車『N-ONE』実寸大のアレを制作

パソコン画面に映った多数のパーツ。実際に切り抜かれた段ボールのパーツに映像がオーバーラップして、実物のパーツが組み立てられていきます。どうやらペーパークラフトのようですね……ちょっと待ってください。4人がかりで組み立てているみたいですけど、このパーツ、めちゃめちゃでかい! ホンダは軽自動車『N-ONE』を実寸大で再現するペーパークラフトを制作。その模様を収めた動画『N-ONE CRAFT SHOW!』を公開しています。

N-ONE CRAFT SHOW!~原寸大ペーパークラフトショー(YouTube)
http://youtu.be/R3AP15-sQLE

実物のパーツに

この実寸大ペーパークラフト、すべてのパーツを並べてみるとフットサルコートぐらいの広さになるんだとか。それらを10日間まるまるかけて組み立てた力作は、一瞬見ただけでは本物と間違えてしまうほどのできばえです。

車台部分の組み立て タイヤとホイール部分の制作

車台の骨組みが組み上げられた後、外装のパーツが作業スペースに持ち込まれ、タイヤなどの組み立てが始まります。ホイールの細かい形状まで再現するために、機械で切り出したパーツをさらにカッターを使って手作業で調整していきます。気が遠くなるような作業……。

だんだんクルマらしい感じに

外装パーツを貼り付けていくと、だんだんクルマらしい感じに。『N-ONE』を見事に再現したこのペーパークラフト、見ていてため息が出てきます。

ついに完成! 軽々と持ち上げてしまいます

ついに完成! 4人がかりでヒョイと持ち上げられるところを見ると、やはり紙でできているのだなと分かります。制作を担当したのはペーパークラフトのプロ集団だそうで、これぞまさしく『ニコニコ動画』でタグがつけられる「プロの犯行」というわけです。その巧の技は動画でチェックしてみてください。

こちらの実寸大ペーパークラフトは、11月1日に六本木ヒルズアリーナで開催される『N-ONE』の発表会で公開され、その後11月3日と4日にも同じ会場で展示されるそうです。

『N-ONE』を含むホンダの新しい軽自動車『Nシリーズ』のウェブサイト『N STORE』では、実寸大ペーパークラフトの展開図を配布中。とはいえ作業用の広大なスペースや大量の段ボールを用意するのは普通の人には難しいですよね。そこで、同サイトでは1/9スケールの展開図も用意しています。1/9とはいえPDFで41枚、299パーツもあるそうなので、作ってみる人は心してチャレンジしてください。

N STORE
http://www.honda.co.jp/N/[リンク]

画像:『YouTube』より引用

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会