体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ガジェット通信 短期集中連載~「ノンフィクション界の巨人」佐野眞一氏の「パクリ疑惑」に迫る(第1回)~

owabi-1

橋下徹大阪市長の人となりを描く、ノンフィクション作家佐野眞一氏の大型連載「ハシシタ」が差別表現により第一回目にして打ち切りとなった。

「人権問題」「編集権問題」など、様々な「権利の問題」が交錯する中で、クローズアップされるのが佐野眞一氏の「剽窃癖」の問題だ。

ガジェット通信特別取材班は、佐野眞一氏の過去から現在までの作品を渉猟し、検証していくことにした。

連載第一回目は、猪瀬直樹東京都副知事がツイッターで指摘した27年前の剽窃事件だ――。

【特別取材班より:この短期集中連載のすべての記事一覧はこちらです】

「テキヤの口上」「人間のクズ」と悪口雑言のオンパレード

佐野眞一氏といえば、大宅壮一ノンフィクション賞(97年『旅する巨人 宮本常一と渋沢敬三』)や講談社ノンフィクション賞(2009年『甘粕正彦 乱心の曠野』)を受賞した「ノンフィクション界の巨人」として知られる。今年初頭に発刊した『あんぽん 孫正義伝』 (小学館)は、ベストセラーとしておおいに話題になった。1947年生まれの佐野氏は現在65歳。ノンフィクション作家として、まさに円熟のときを迎えている。

shukanasahi1

その佐野氏が「週刊朝日」(10月16日発売/2012年10月26日号)に執筆した新連載「ハシシタ 奴の本性」が大問題になっている。「新党の結成宣言というより、テキヤの口上」「田舎芝居じみた登場の仕方」「香具師(やし)まがいの身振り」「その場の人気取りだけが目的の動物的衝動」「一夜漬けのにわか勉強で身に着けた床屋政談なみの空虚な政治的戯言」など、大阪市の橋下(はしもと)徹市長をボロクソに非難。日本維新の会の面々については「国会議員というより、場末のホストと言った方が似合いそうな男たち」「人間のクズ」とまで言い切った。

shukanasahi2

さらに橋下市長が被差別部落出身であるとして地名をはっきり記し(「週刊文春」や「週刊新潮」は、これまでの報道でさすがに地名までは伏せてきた)、父親の自殺や親族に刑法犯がいる事実を晒している。被差別部落出身であることに加え、犯罪者がいる家系が現在の橋下徹というパーソナリティを作った、と言わんばかりだ。
「週刊朝日」の表紙には「橋下徹のDNAをさかのぼり本性をあぶり出す」と大書されている。本文はDNAのらせん構造を思わせるいびつなデザインだ。

「週刊朝日」VS橋下徹市長のバトルが勃発

この記事が発表されるや否や、橋下市長は猛反発。自身のツイッター(アカウントは@t_ishin)を使い、10月18日以降猛烈な勢いで反撃を始めた。

【橋下市長によるTwitter発言過去ログ】
http://twilog.org/t_ishin/asc [リンク]

【10月18日の橋下市長会見録(zakzak)】
http://goo.gl/nKXxl [リンク]
http://goo.gl/SmnEK [リンク]
http://goo.gl/EJu26 [リンク]

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。