体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

天才ゲームクリエイター飯田和敏・インタビュー「ゲームじゃねぇんだよ!」

iidasang51

『ディシプリン*帝国の誕生』(以下、ディシプリンと呼ぶ)を8月25日からWiiウェアとして配信する予定のマーベラスエンターテイメントさんのオフィスで、飯田和敏さんを独占インタビュー! そう、飯田さんこそ『ディシプリン』のゲームデザインをした天才クリエイターその人なのである。

飯田さんの代表作として、『アクアノートの休日』や『太陽のしっぽ』、『巨人のドシン』などがある。どれも退屈なゲーム業界に大きな衝撃を与えた話題作であり、今遊んでも楽しめる傑作である。では、そんな飯田さんに対するインタビューをどうぞ。

記者  『ディシプリン』を少し遊ばせていただきました。ゲームに登場した、おしおき部屋が本当に嫌なんですけど(ゲーム中でミスを繰り返すと閉じ込められる、本当にプレイヤーが苦痛に感じる部屋)。

飯田 押尾学きたね。あれは、たぶんね、あれですよ。

記者  何のことです? 全然わたしの話を聞いてないですね。

飯田 あれが、またね。下着会社の社長のね。ブログ見ました? 下着会社の社長のブログ。

記者  ……もう消されている社長ブログの記事のことですか?

飯田  あれいいよねー。もう削除されたウェブサイト巡りって楽しいよね。キャッシュとか魚拓で残ってるよね。うへへ、最近は削除されたウェブサイト巡りが人生の楽しみですよ。イヒヒヒヒヒ!

記者  ……。

飯田  でも村上春樹さんに『ディシプリン』やらせたいね。

・ゲームじゃねぇんだよ!
飯田  前に『ガジェット通信』で僕のインタビューを掲載したよね。僕が作ったWii専用リモコンカバーの記事

記者  ええ。『ディシプリン』に登場する “youコン” をイメージして作ったWiiリモコンカバーですね。気持ち悪いデザインでした。

飯田  そのときにさ、『ディシプリン』は自分の液を囚人にぶっかけるゲームだって説明したでしょう? そうしたら、それ読んだ知らない女の子から「ぶっかけお好きなんですかー? キャハ」って、メッセージが届いたんですよ。

記者 さすが、女子にも人気の飯田さんですね!

飯田  ほら、『ガジェット通信』って『mixiニュース』にも記事配信してるじゃないですか。だから『mixi』のメッセージで届いたんです。あれはキタなーと。何かの世界に誘われているような感じがすごくしたんだけど……、ビデオドローム的な。

記者  何か返答しましたか?

飯田   「好きも嫌いも分からないんだけども、とりあえずこのやりとりをネットで公開してもいいかい」って返したら、「どんな形で公開するんですか」って返事がきたんです。だから「それはあなたのお望みの形で公開しますよ」って返しました。そしたら「じゃ、いいです」って。それ以来、音信不通で……。

記者  以上?

飯田  以上。

記者  冷やかしですね。

飯田  ええ、冷やかしですよ。本気で来いって!

記者  本気で来い?

飯田  ゲームじゃねぇんだよ! うお~!

記者  ……。

・自分はゲームのプレイヤー
記者  『mixiニュース』って、気になるニュースにリンクするかたちで日記書けるじゃないですか。それで、飯田さんが自分のニュース記事をもとに日記を書いた人に返答して話題になりましたね。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。