体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

信用なき点数! 『ファミ通』クロスレビューを改善する方法はコレだ!

23

『週刊ファミ通』関連のゲーム雑誌には、ゲームを実際に遊んだ感想と点数をつけるクロスレビューといわれるコーナーがある。ゲームは10点満点で採点され、ひとつのゲームを4人のゲーム雑誌編集者やライターがプレイし、批評していく。多くの読者は、レビュアーの批評と点数を参考にゲームを買ったり購入を見送ったりしていると思われる。つまりそれは、評価内容がゲームの売り上げに大きく影響するということである。2年かけて作ったゲームが3~4点だった日には、開発者も浮かばれまい(まあ、つまらなかったら何年かけて作っても3~4点は妥当な点数なのだろうが)。

しかし、最近はクロスレビューの点数が「正当な評価なのか?」と疑問に思われることが多く、2009年8月に発売されたWii専用ソフト『モンスターハンター3』は4人の批評家全員が10点満点をつけたものの、発売から10日ほどで値崩れし、中古ソフトも多数出回るという事態に発展した。

また、Xbox360用ゲームソフト『ドリームクラブ』は、『週刊ファミ通』では4人全員が6点という評価だったにもかかわらず、『ファミ通Xbox360』では8点、9点、7点、8点という評価となっており、『週刊ファミ通』と『ファミ通Xbox360』とでは、批評家によって点数に大きな差が出ている。クロスレビューに対する不信感が読者に出てきているのも事実。秋葉原のゲームショップ『メッセサンオー』スタッフ・稲越さんも、クロスレビューの点数に疑問を持っているような内容のコラムを掲載していた。

ということで、いろんなジャンルのいろんな皆さんに、クロスレビューをもっと良くするにはどうすればいいのか、ご意見をいただくことにした。どうすれば、僕らはクロスレビューの批評を信用できるようになるのか? 

・オレたちにレビューをさせろ!
ゲームラボ URL: http://www.sansaibooks.co.jp/glabo/
ぼくたちのへんしゅうぶはまだまだこどもなので、おもったことはおもったとおりにいってしまいます。ほかのへんしゅうぶはみなさんおとななので、いろんなおとなのじじょうがあるのではないでしょうか。なので、げーむめーかーさんがあまりなかよくしてくれない……私たちゲームラボに任せていただければ、適切なレビューが行えるのではないでしょうか(ゲームラボ編集部)

・エンタメと割り切るしかない
Kotaku JAPAN URL: http://www.kotaku.jp/
レビュー記事はエンタメと割り切って、自身の選択眼をひたすら磨くべし! 結局、十人十色。好きなレビュアーがオススメする作品であっても自分の好みに合わないものもあるし、その反対のことだってありえるわけですから。と、思うんですけどねぇ……(Kotaku JAPAN / プロデューサー長田真)

・レビュアーの好みを明確に
らばQ URL: http://labaq.com/
ゲームは人を選んだり評価が分かれることの多いジャンル。万人受けする評価は難しいと思うので、レビュアーの好みや、過去にどんな評価してきたかを目立たせる方が有意義だと思います(らばQ / ぜろんぱ)

・レビュアーのデータを公開
らばQ URL: http://labaq.com/
レビュアーを大勢揃え、過去のレビュー、採点履歴を公開する。読者には過去に遊んだゲームとレビューの採点結果が近いレビュアーを選んで見れば、とても参考になると思います。ゲームの面白さは直感的なもので、人によって感じ方が全く違うし、正確さや信用を求めるのはそもそも無理ではないでしょうか(らばQ / こうし)

・1000人ぐらいでレビュー
オレ的ゲーム速報@刃 URL: http://blog.livedoor.jp/jin115/
『ファミ通』はメーカーと癒着していますから正当な評価なんてできるわけが無いのです。そもそも『ファミ通』という雑誌は80年代後半のファミコンブーム時代に『Login』から独立した雑誌で、同期に『ファミリーコンピュータMagazine』や『マル勝ファミコン』というファミコン雑誌があった中で一番情報量の少ない雑誌でした。その代わり無駄にコラムが多く、読者はゲーム情報そっちのけで楽しむ事ができました。他社の雑誌は廃刊されましたが『ファミ通』だけは生き残る事ができたため、自動的に業界最大手のゲーム雑誌になってしまいました。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。