体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【偽広告シリーズ】アタマのタイソウ 3人の会話

次の会話を読んで問いに答えなさい

次の会話を読んで問いに答えなさい

小学生や中学生の頃に、教科書やテストで読んだ国語の文章、皆さんは覚えていますか? おそらく読んだ内容の大半は忘れていると思いますが、中には印象に残った話や、意外と知識として残っている話がありませんか? そう考えると、小さい頃に読む文章は、なかなか馬鹿にできません。

面白い文章、つまらない文章、簡単な問題、難しい問題…。私たちは義務教育を終えるまでに山のような文章を読むわけですが、大人になってからそれらの文章や問題を改めて見てみると、「あれ、こんな難しいもの読んでいたっけ?」と気付くこともあるかもしれません。皆さんはこの偽広告に載っている文章と問題を読んで、何が思い起こされるでしょうか。

■この画像の高解像度版はこちら:【車内広告】アタマのタイソウ:次の会話を読んで問いに答えなさい。

■関連記事
【偽広告シリーズ】「明るくアットホームな会社」の”求人広告”
【偽広告シリーズ】国務大臣募集 未経験大歓迎
【偽広告シリーズ】即日幹部になれるチャンスです!
【偽広告シリーズ】お金持ちになりませんか!!

ガジェ通
oloの記事一覧をみる

記者:

架空紙幣作家。4歳の頃、聖徳太子の一万円札の美しさに心を奪われ、紙幣デザインフェチとなる。現在では架空紙幣創作のほか、架空新聞記事、架空広告、合成写真を用いた隣接世界訪問写真などを創作している。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会