ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

内閣府が『国民みんなで国の事業をチェック!』キャンペーン中

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今月10日より、内閣府、特命担当大臣岡田克也率いる行政刷新が『国民みんなで国の事業をチェック!』と題し、霞ヶ関の行なう事業に関する情報公開を行っている。公開される資料は、各府省が事業の自己点検をする際に作成したチェックシートであり、事業の目的、成果、使われたお金とその行き先、翌年度に向けた改善点などが記されている。公開される資料は霞が関の各府省が行うすべての事業であり、その数は5,000以上にのぼる。

また、単にチェックシートを公開するだけでなく、公開された資料に対して疑問点、気のつく点等の見直し意見も広く受け付けるとし、一定期間、内閣府のHPからそれらに関する意見を誰でも投稿できるようにしている。投稿された意見は「特に事業見直しに反映することが望ましいと判断される的確なものについては「行政刷新会議で行なう指摘」に盛り込むこと」が検討される模様。意見の受付期間は9月10日から10月9日までの間である。一部の事業については、YouTubeでその会議の模様も中継される。

行政刷新は「これからは、国民のみなさん一人一人がレビューシートを納税者の眼でチェックし、国の事業を効率的で効果の高い事業に改善していくことが大事」と、国民に呼びかけている。

内閣府行政刷新HP:http://www.cao.go.jp/gyouseisasshin/contents/02/ikenboshuu.html

※この記事はガジェ通ウェブライターの「あらい」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP