体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

おいしさからカタチまでデザインしたチョコレート『LOOK カカオデザイン』

look

不二家は、おいしさを粒のカタチからパッケージまでデザインしたチョコレート『LOOK カカオデザイン』を20代の男女をターゲットに9月8日に発売します。『LOOK』といえば、1箱で4種類の味を楽しめるチョコレートですが、新しい『LOOK カカオデザイン』は、店頭でパッケージを手に取る瞬間から口に入れるそのときまで、すべてのプロセスをじっくりていねいにデザインした新感覚のチョコレートです。

『LOOK カカオデザイン』は、『LOOK』ブランドのセンターチョコ技術を駆使し、『ガナッシュ』『ジャンドューヤ』『チョコソース&ホイップ』の3種類のセンターチョコレートを1箱に詰め合わせました。味に合わせて一粒ごとの見た目、形の違いによる歯ざわり、口どけもデザインされており、それぞれに味わいの違いを楽しむことができます。

『ガナッシュ』は、スイートチョコをベースにしたクリーミーでなめらかな味わいのガナッシュクリーム、『ソース&ホイップ』はハイミルクチョコをベースに、軽いホイップクリームとチョコソース、そして『ジャンドゥーヤ』はミルクチョコをベースにアーモンドとピスタチオを組み合わせたコクのあるジャンドゥーヤクリームが入っています。

look2

3種類の味をさらにおいしくするのは、大きさやデザインの違う5種類のカタチです。見た目で味を見分けられるだけでなく、口あたりの軽い『ソース&ホイップ』は大き目にデザインされています。ぜひ、食べ比べて楽しみたいものですね。『LOOK カカオデザイン』は、15粒入りで120円(税込み)です。

また、8月25日には定番の『LOOK ア・ラ・モード』と『LOOK パルフェ ア・ラ・モード』もリニューアル予定。『LOOK ア・ラ・モード』には。『キャラメル』を加えて『バナナ』『アーモンド』『ストロベリー』の4種類の味に、また『LOOK パルフェ ア・ラ・モード』は、『抹茶ミルクパルフェ』『バナナキャラメルパルフェ』を加えて、『ストロベリーパルフェ』『チョコレートパルフェ』の4種類の味で再登場します。それぞれ12粒入りで105円(税込み)です。
 
 

■関連記事
入場無料! 『銀座ペコちゃんミュージアム』が期間限定オープン
“塩スイーツ”の次は“酢スイーツ”? 森永の『酢っきりショコラ 梅』
森永、防災用の『マリー缶』『ミルクキャラメル缶』発売へ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。