体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼に“重い”と思われるNGワード

 男性の気を引くために何気なく使っているコトバ。それが、実は相手に「こいつ、重い…」と思わせてしまい、幸せな恋を逃してしまうきっかけになってしまうこともあります。
 そんな恋のNGワードを、ちょっとスピリチュアルな視点から集めた『愛されたいなら使ってはいけない!恋のNGワード88』(はづき虹映/著、マガジンハウス/刊)からご紹介します。

■「仕事と私、どっちが大事なの?」
 冷静になって考えれば「仕事」と「あなた」を比べることはできないことくらい、分かるはずです。でも、ついつい言ってしまいたくなりますよね。ただ、男にとって仕事は想像以上に大切なもの。仕事が自分らしさを表現する最大の手段でもあります。この言葉は愛する彼を苦しめるだけなのです。

■「私と一緒じゃ、つまらない?」
 相手のことを考えるのはもちろん大切なことですが、顔色をうかがってばかりいてもいけません。相手にしかわからないことを気にして、気疲れしてしまうのは自分。ならば、いつも上機嫌で楽しそうにしていましょう。彼がつまらそうに見えなくなるはずです。

■「私もいつかはウェディングドレス着られるかな」
 付き合いが長くなってくると避けられなくなってくるのが「結婚」の話題。そんなとき、結婚の意志ありとそれとなく伝えるために、こんな言葉を使ってはいませんか。しかし、男にとってはこの表現、「やんわり」ではなく「ズシリ」とくるもの。伝え方には注意しましょう。

■「1分あればメール打てるよね」
 返信が遅いとき、もしくは来ないとき、返事が早く来て欲しい!と焦ってしまいがちです。もちろん1分あればメールは打てるはずですが、その時間を何に使うか、選択権は彼にあります。そして、その1分の時間を自分に割いてくれていたとするならば、それに感謝することが大切ではないでしょうか。

 自分の口から出たコトバに最も影響を受けるのは、実は自分だったりします。
 『愛されたいなら使ってはいけない!恋のNGワード88』には88の恋のNGワードが載っており、男性からするとそのいずれも言われると少し気持ちが萎えてしまいそうなコトバです。素敵な恋愛をゲットするために、コトバに気をつけてみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)



(新刊JP)記事関連リンク
恋愛が長続きしない4つの理由
男のための最強の恋愛指南書
現代の若者たちはデートをしなくなった?

エンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。