ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「綿菓子屋さん ふわり。」34のおっさん奮闘記―インターネット生放送から生まれる「経営者」たち。―(8月19~8月25日)

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ふわり八丈島

「綿菓子屋さん ふわり。」営業週報(8月26日)

無職一文無しの引篭もりニートが福井から上京してきて東京で綿菓子屋さんをオープンしました「綿菓子屋さん ふわり。」店長、竹内力也(34)です。お店の状況やお店の周りで起きたことを週報としてお伝えします。

「綿菓子屋さん ふわり。」 なんと地上波テレビに出演!!8/29(水曜日)

8/29 水曜日 東京MXテレビ「5時に夢中!」出演決定!クリスさんに取材に来て頂きましたー。 今から放送がたのしみです。 ただ残念な事にうちにはテレビがありません…。 どなたか感想だけでも聞かせてください!!

「綿菓子屋さん ふわり。」読売新聞に掲載!! 5日間連載!!

読売新聞「ふわり。」なんと読売新聞さんが「綿菓子屋さん ふわり。」を5日間連続で記事掲載して下さいました!新聞を見てお客様もたくさん来て下さいました!嬉しくなって実家の母親にも連絡するも「うちは夕刊取ってないから見ない」と一蹴。後日新聞の切り抜きを送ってやろうと思います。

八丈島での綿菓子イベント開催!8/30!31日は野宿だ!

クレジットカードが作れない!審査が通らない!ふーん…だったらいらないもんね!…そう思っていた。 八丈島の往復チケットの申し込みを宿泊施設と一緒に予約しようとした所「クレジットカードのみ対応」とあり申し込みが出来ない! … こんなところに弊害が。 とりあえず往復のチケットだけは予約したが、宿泊施設が未だに見つからない。 どうする? どうもしない、野宿すればいい話だ! 過去、新宿2丁目で野宿を2回した経験もあり、慣れっこである。 無類の野宿好き力也さんにとっては、お楽しみイベントでもある。 食い物も現地調達だ!火がない?生で食ってやる!砂浜の砂を布団代わりにズッポリかぶり星を眺めながら2日間野宿!余裕である!本能を呼び覚まし理性を捨て文明を忘れた野生的な男になって帰ってきますのでお楽しみに!

立石商店街で屋台!わたがし無料配布イベントを開催!

立石商店街開催日8/23 12:00 開催。 綿菓子配布本数400。 チラシ配布枚数293枚。 5時間イベント6,000円(立石商店街から)

活気に溢れた元気な商店街で、家族連れが多く、たくさんのお客様に恵まれました。 久々の長ーい行列にニヤニヤしっぱなし。 いつかこの商店街で「綿菓子屋 ふわり。」をと決意を固めた日から心配だったのが商品需要でした。 バリエーションを増やし飽きのこない綿菓子提供が可能となりましたが、実際どれだけのお客様が来られ「欲しい」と思って下さるのだろうか?今回のイベントは商品リサーチの上でも重要なイベントでした。 開始直後、さっそくの子供の列、手応えあり! 一人来ると、まわりで見ていた他の子供も一人また一人と増えていき気が付けば長い列が! 綿菓子をほうばる子供の笑顔!そう、その笑顔が欲しかった!!無料配布という事もありましたが、綿菓子を食べる子供の顔はみんな笑顔で色々な味の綿菓子を楽しんでくれていました。「ふわり。」のチラシも300枚近く配布出来たので、多くの地域住人の方にお店の存在を知って頂ける事となりました。 読売新聞に掲載された「ふわり。」の記事をご覧になられた方も多く、その効果に改めて驚きました。 おでん屋の奥様から「立石で今一番有名な綿菓子やさんだよね?」と言われ嬉しかったです。 主催者の方から次回のイベントの際も声を掛けて頂けるとのこと、是非参加させて頂きたいと思います。

インターネット生放送から生まれる「経営者」たち。

経営×ニコニコ

こんな話を耳にした。 ニコニコ生放送の配信者達が集まってバーを経営するというもの。 「どういった商品が欲しいのか」「こんな企画はどうか」などアイデアを持ち寄りユーザーと一緒に店を作り上げていく経営スタイル。 「ふわり。」もインターネットから生まれインターネットで繋がる人達と共に店を作り上げていく経営スタイル。 当然いい事ばかりではないが、助けられることは本当に多い。 必要な設備に関する質問に、いち早く最安値の情報を探し出してきてくれたり、又は、わざわざ買って来てくれたりすることもあった。 宣伝効果も高く、実際に店を訪れ買い物をしていってくれるユーザーも多い。ネット向こうのユーザーは、ちょっとした経営シミュレーションを楽しむ感覚で気軽に参加が出来る。 まさに「リアル」な経営シミュレーションゲーム。 ただ、僕のお店のようにバグの多い(ポカの多い)ゲーム内容にイライラする事も多々あるだろうが、クソゲーはクソゲーで楽しめる、というのが参加ユーザーの総意、らしい。 個々様々な考え方があり、全員一致の答えなど望めるはずもなく最終的な判断は、やはりその店の経営者に委ねられるが、基本は「報告」と「相談」によって摺り合わせが行われる。 今までの個人経営は個人(店主)のセンス・考え方が反映された店作りが当たり前とされてきたが、個人経営でありながら個人ではない今後こういったスタイルのお店が増えてくるのではないか、そんな可能性を感じさせる流れを感じた。

【8月19~8月25日までの売上発表!】

来客数:約188人

販売数:
綿菓子・・・・・・・・・・・762本(食べ放題・イベント含む)

ラムネ・・・・・・・・・・・98本

緑茶・コーヒー・・・・・・38本

チューペッツ・・・・・・・25本

缶バッヂ・・・・・・・・・・・29個

売上:¥85,700

co352781

「綿菓子屋さんふわり。」生放送 http://com.nicovideo.jp/community/co352781 (※無料で視聴出来ます。)
(記事:竹内力也)

「綿菓子屋さん ふわり。」とは。

34歳の無職の人生詰んだおっさんが2ちゃんねるVIPで突如「綿菓子屋さんになる!」とスレ立て。
VIPPERの提案を元に、半年後、本当に綿菓子屋さんを開業。その名も「綿菓子屋さん ふわり。」(※命名VIPPER)
福井県で開業したが祖母の熱烈ビンタを食らい屋台を燃やされ、廃業。
それから2ヵ月沈黙の後……今度は東京で「綿菓子屋さん ふわり。」開業。その行動力と意外性から大勢のおっさん支持者を獲得、応援メッセージが多数届く。オープン初日は180人を超える来客数があり、予想以上 の反響におっさん涙目。現在、ガジェット通信(週一のバイト)を掛け持ちしながら、「綿菓子屋さん ふわり。」を経営。

力也の記事一覧をみる ▶

記者:

雑談系生主として福井で活動するが2012年7月に上京。ガジェ通スタッフとなる。2chVIPで「綿菓子屋さんふわり。」をオープンなど奇行は数知れず。

ウェブサイト: http://rikiyahaisin.web.fc2.com/

TwitterID: lilyfilter

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。