体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

PS Vita版『リトルバスターズ! Converted Edition』レビュー

※すべての画像をご覧いただけない方はガジェット通信をご覧ください。
http://getnews.jp/archives/244106

2007年にゲームブランドKeyからWindows用ゲームとして発売され、2012年秋からはアニメ放送が予定されている、大ヒット恋愛アドベンチャーゲーム『リトルバスターズ!』PlayStation Vita版をプレイしてみました! このレビューを担当させていただく私はゲームブランド、Keyさんの大ファンである、いわゆる“鍵っ子”であり、非常に楽しくプレイさせていただきました。

“友情”がテーマのこの作品、ストーリーがかなりしっかりしていて、感動要素はもちろんのことKeyブランド特有の“シュールなギャグ”もふんだんに盛り込まれています。また、基本プレイ内容は従来のノベルゲームどおり、選択型のゲーム形式を採っているのですが、「リトルバスターズ!」ではそれに加えて複数のミニゲームが収録されており、ひとつのお楽しみ要素になっています。

ネット上で話題になった高画質や、タッチスクリーン機能、以前は声だけの登場だった、陰ながら人気を集めていたキャラクター“あーちゃん先輩”が冬服姿で登場するなどPlayStation Vita版ならではの新要素も楽しめます。

☆キャラクター

直枝 理樹(なおえ りき) “異様ににぎやかな青春を送る普通の少年”
物語の主人公。幼い頃に両親が亡くなり、ひどく落胆してた時期に“リトルバスターズ”と名乗る少年たちと出会い、元気づけられた。その時から“リトルバスターズ”のメンバーとなった。馬鹿な行動をする周りの人間に対して、唯一の常識人でツッコミ役という重要な役どころである。

棗 恭介(なつめ きょうすけ)CV:緑川 光 “あらゆる日常をミッションにするリーダー”
メンバー唯一の3年生。みんなのリーダー的存在で、クールな容姿から女子のファンも多いが、少年漫画が好きという気さくでお茶目な面もある。行動力があり、根っからの遊び好き。

井ノ原 真人(いのはら まさと)CV:神奈 延年 “憎めない筋肉馬鹿一直線”
筋肉馬鹿。己を鍛え上げる事に命を懸けており、現在はバトルこそ生きがい。謙吾とはライバル同士で犬猿の仲。そのケンカは恭介以外に止める事はできない程である。『リトルバスターズ』内ではボケ担当。

宮沢 謙吾(みやざわ けんご)CV:織田 優成 “最強の男児にして真人のライバル”
幼い頃から毎日欠かさず剣道の稽古に励んでいる、真人とは違うベクトルのバカ。クールを装っているが、キレやすく直情的。他のメンバーにはない、どこかシニカルな思考の持ち主。

1 2 3次のページ
ゲーム通信の記事一覧をみる

記者:

最新ゲームレビューとゲーム実況放送の情報をお伝えするエンターテインメントニュースサイトです。ゲームの情報を少しずつ増やしていきたいとおもいます!

ウェブサイト: http://game.getnews.jp/

TwitterID: gamereviewblog

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会