ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさゆきの地図 : キーワード解説塾

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

『まさゆきの地図』とは『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』(以下、ドラクエIX)で登場する『たからの地図』。この地図内にはレベルアップに役立つ『メタルキング』しか現れない場所があり、プレイヤーにとってはのどから手が出るほど欲しいアイテムのひとつである。正式名称は『見えざる魔人の地図Lv87』。『まさゆき』は、その地図を最初に発見したとされる人の名前。

『ドラクエIX』では、メインストーリーとは関係のない『たからの地図』がたくさん存在する。それらの地図は、『すれちがい通信』で友達と交換できる。もちろん、友達じゃなくてもよくて、街でたまたますれ違った人からももらうことができる。それらの『たからの地図』の種類はとても豊富で、一説によると1600万種類以上存在するという話も。それだけ種類があると、その中にはとても不思議な地図もあり、そのうちの一つの地図が通称『まさゆきの地図』、正式名称『見えざる魔人の地図Lv87』なのです。

この地図は地下16階に及ぶ大きなもので、その地下15階に『メタルキング』しか現れないフロアが存在する。そのフロアはとても広く、フロア中に『メタルキング』が歩き回っている。まさにちょっと歩けば『メタルキング』に当たる状態。『メタルキング』を倒すと、通常3万以上の経験値を獲得できるため、レベルアップには最適。しかしメタル系のスライムは逃げ足がはやく、普通はなかなかうまく倒せない。しかし、これだけたくさんいれば、倒せる確率も格段に上がるというものだ。

一つだけ注意が必要なのは、このフロアの『メタルキング』には、一定の割合でお伴のモンスターがついてくるということだ。もちろん、『メタルキング』のみという場合も多いのだが、このお伴のモンスターが一緒に現れると、戦いに苦戦することとなる。なにしろお伴のモンスターがかなり強く、油断すると全滅の可能性もあるのだ。

そんな不安要素もあるものの、この地図があるだけで教室では人気者間違いなし、かわいいあの娘もキミと一緒にダンジョンへ旅立ちたいと言い出すに間違いない、そんなアイテムがこの『まさゆきの地図』なのだ。是非、街をウロウロしてこの地図を誰かからもらって欲しい。ちなみに、記者周辺では「新宿駅でもらった」という人がチラホラ。その他最近では秋葉原の大型電気店で『ドラクエIX』の地図交換のための場所提供をしてくれている親切なお店もあるみたいだから、そういう場所を探してこれらすごい地図をもらってくるのも手だろう。また『まさゆきの地図』の他にも凄い地図があるとの噂もあるので、あなた自身が発見者になるべく、日々ダンジョン探索をするのもいいかもしれない。

それにしても、第一発見者の『まさゆき』ってどんな人なんだろう?

すれちがい通信で『まさゆきの地図』をゲットした人の情報をみていくと、以下の場所で地図をもらったという人がちらほらいるようです。やっぱり人の多いターミナル駅などが強いですね。

秋葉原(いわゆる「すれちがい通信の聖地」)
新宿駅
渋谷駅
名古屋駅(愛知)
春日部駅(埼玉)
天王寺駅(大阪)

以下『まさゆきの地図』ネタバレ含むヒントです

■ダンジョンの場所
カルバドの集落の東。馬を越えて花畑のあたり

■各階入り口からみて降りる階段はどちらの方向にあるか

1F 右
2F 左上
3F 上からまわって左下
4F ちょっと右行って上
5F 上行って右
6F 右上
7F 右行って下
8F 右
9F 左
10F 右下
11F 右
12F 右
13F 左からまわって下
14F 右下
15F 右上の広いところのど真ん中
16F ボス

■最近の注目記事
【DS】300万人のドラクエファンが欲しがる幻のアイテム『まさゆきの地図』
『ドラクエIX』で謎の暗黒世界の存在が明らかに!「低確率で導かれる」
『ドラクエIX』で主人公を巨大化させて遊ぶ人が出現
【ソニーに聞きました】新型プレイステーション3の登場か!? 従来型PS3出荷停止
『モンスターハンター3』がPS3や360でも発売される可能性アリ

深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる ▶

記者:

ニュースサイト『ガジェット通信』発行人。未来検索ブラジル代表。東京産業新聞社代表。ハリウッドエンターテイメントビジネス誌『Variety Japan』Senior Editor。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラクターに興味がある。好きな食べ物はシュークリーム。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP