体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京おもちゃショー2012】ゆったり呼吸で眠りへいざなうぬいぐるみ『ハグ&ドリーム ミニーマウス』

【東京おもちゃショー2012】ゆったり呼吸で眠りへいざなうぬいぐるみ『ハグ&ドリーム ミニーマウス』

6月14日から17日にかけて東京国際展示場(ビッグサイト)で、日本最大のおもちゃの見本市『東京おもちゃショー2012』が開催されました。タカラトミーアーツは、眠れなくて悩んでいる人向けのぬいぐるみ『ハグ&ドリーム ミニーマウス』を出展しました。10月の発売予定で、価格は5229円(税込み)です。

一見、普通のミニーマウスのぬいぐるみですが、心身をリラックスさせるラベンダーカラー。単三電池3本で動作し、5秒に1回、呼吸しているようなリズムでおなかが上下に動きます。これを抱いて寝ると呼吸のリズムが整い、眠りへ誘導してくれるという仕組みなのです。

怒りや不安を感じていると呼吸は速くなり、喜びや安心を感じていると呼吸が遅くなることに着目。昭和大学呼吸生理学脳生理学教授の本間生夫さんと共同で開発しました。呼吸がゆっくりになると、大脳辺縁系の一部である扁桃体がつかさどる“情動”に作用し、気分が落ち着くそうです。

リラックスできるメロディが流れる『すやすやメロディ』、音楽なしで利用できる『すやすやフリー』、ゆったりした呼吸のタイミングをメトロノームで教えてくれる『すやすやプラクティス』の3種類のモードを搭載。背中をトントンたたくと切り替えられます。オートスリープ機能により、そのまま眠っても約15分で電源はオフに。

8月発売の『おやすみグーグーフレンズ くまのプーさん』

対象年齢は、3歳から大人まで。1~3歳の子ども向けには、プーさんをモチーフにした『おやすみグーグーフレンズ くまのプーさん』が8月にタカラトミーから発売されます。価格は5229円(税込み)です。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。