ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジャパンディスプレイ、2.3インチ651ppiの高精細液晶ディスプレーを開発

DATE:
  • ガジェット通信を≫


Sony、東芝、日立の中小型液晶ディスプレイ事業を統合したジャパンディスプレイ(JDI)が651ppiというiPhoneのRetinaディスプレイを大きく上回る画素密度の液晶ディスプレイの開発を発表しました。今回発表されたディスプレーは2.3インチの低温ポリシリコンTFT(LTPS)液晶で、解像度は1280×800ピクセル(WXGA)。”当社が生産している326ppiのディスプレイと比べて精細度は2倍。ドットによるジャギーのない活字印刷なみの滑らかな文字表示や、グラビア写真と同等の高品位で臨場感に優れた表示が可能”と言われています。同じ倍率で文字を見比べると、今回のディスプレーの方が格段に鮮明で、漢字では隙間の狭い部分のつぶれがなくなったりもしています。このディスプレーの開発に関することや評価結果等が6月3~8日の会期で米国ボストンで開催された2012年度SIDで報告されたそうです。
Source : JDI



(juggly.cn)記事関連リンク
多くのAndroid 4.0スマートフォンに対応するノートPC型モニタドック「Clambook」
英Clove・HandtecにGalaxy S III(ホワイト)が入荷
Evernote、Android版「Evernote Food」のリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP