体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2chが一部まとめブログに対して「転載禁止」 転載可能な『オープン2ちゃんねる』ができるも過疎状態

先日、『2ちゃんねる』が一部のブログに対して「転載禁止」の警告を出した。既にガジェット通信でもお伝えしたのでご存じの人も居るかと思うが、この転載禁止問題がかなり影響を与えており、「転載禁止」の対象のブログは今後の方針を発表。中には謝罪をするサイトもあった。また該当する5つのブログ以外も自サイトの今後についてを発表していたりと、数多くのまとめブログに影響を与えている。

まとめブログが「転載禁止」と注意を受けてしまい、中には『2ちゃんねる』からの転載をやめてしまっているサイトも出てきている。ブログ閲覧者の中には「つまらなくなった」「ひろゆき余計なことしやがって」と不満の声も少なからずあるようだ。

そんなまとめブログに救世主とも言えるウェブサイトが登場したのだ。なんと書き込みを自由に転載して良いという『2ちゃんねる』風掲示板、『オープン2ちゃんねる』だ。このサイトは『2ちゃんねる』のパクリサイト『2ch2』を運営している「さとる」こと矢野さとる氏が立ち上げたサイトで、過去の実績とノウハウから今回のサイトを立ち上げたものと思われる。2ちゃんねるで何かが起きるとこのように避難所的な場所ができるのは恒例である意味風物詩であるが、今回のネタは「転載自由」の2ちゃんねるパクリサイトだとのことだ。

しかしまだ書き込みの数が少なすぎるのがネックなのと、多くの人が使っている膨大な数の2ちゃんねる専用ブラウザに対応していないこと、更にサーバが本家『2ちゃんねる』より貧弱なことが問題点として挙げられる。
やはりユーザーが多いところに人が集まるのは必然で、転載してよいと言われても書き込みの少ない掲示板からの転載は難しいだろう。特に速報性を必要とするニュースなどはユーザーの書き込みが多い方が良い。
本家は一部ブログに対して転載禁止、しかし『オープン2ちゃんねる』には書き込みが少ないというジレンマ状態だ。

オープン2ちゃんねる

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。