体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ちょっとヘン? 業界の異端児? 元不良の写真家 “須崎祐次”が作るコスプレ写真集『COSPLAY』

cos 1

『COSPLAY made in Japan(コスプレイ。以下、COSPLAY)』とは、アニメや漫画のキャラの衣装を着る、いわゆる普通の“コスプレ”ではない。誰しもが思春期に思い描いたような妄想やイメージを、14年かけて写真家・須崎祐次の手により具現化したもの。そんな『COSPLAY』をテーマにした写真集の撮影現場に、前回潜入調査に行ってきたが、『Amazon』で予約販売が開始されるということで、今回は須崎氏にフォーカスを当てて『COSPLAY』や写真家の事、モデル選びの基準等、普通では聞けないような事を失礼承知でズバズバと聞いてみたぞ。

cos 2

筆者「本日はお忙しいところすみません。早速なんですが、僕全然わからないですけど、写真集って作るの大変なんですか?」
須崎「ハハハッ、そうですね。企画からずっとやっているので、写真をどう見せるかどう組むかでもすごい大変ですし、色々スタッフも専門家がいますので、意見の食い違いもでますし、大変といえば大変ですね。この企画をどう動かすか、仲間が集まって会社もできましたし」
筆者「それはすごいですね! いつごろできたんですか? 」
須崎「2年前くらいですね。まだでもみんな兼業してますし、これだけじゃ食べていけないんで(笑)」
筆者「でもやはり、会社ということは大きなことをされる為に作られたんですよね? 」
須崎「いや、『COSPLAY』の他にも色んなプロジェクトあるんで、まぁ今後の展開次第ですけどコスプレの写真をやっていくのかはわからないですけどね」

筆者「でもやはり今回の『COSPLAY』の企画、14年越しですから、強い思いがあるんじゃないんですか? 」
須崎「僕は別に『COSPLAY』に対しては何の興味もないし」
筆者「え!? そうなんですか!? 」
須崎「漫画もアニメもみないですし、興味はないんですよね……」
筆者「じゃあなんで今回こういうものを作ろうと思ったんですか? ちょっと意味がわからないです。」
須崎さん「14、5年前くらいに名古屋かなぁ、アニメの大きい祭典があって、まだその頃はコスプレとか認知されてなくて、若干やってる人見て引きましたけど、素直さとか、コスプレに対する真剣さが面白くて、文化的にこれはなんなんだろうという面白さがあって撮ってみたかったんですよね」
筆者「文化ですか……ルーツ的な? 」
須崎さん「そうそう。元々日本にある、カブキとかも大きく見ればコスチュームプレイですよね日本舞踊の女役とか….<中略>」

ここから30分ほど熱意のこもった表現や感情の装いの話が延々続くが、知ったかぶりするのは嫌なので正直に書くとあまり筆者には理解できなかった。

まとめると、
・名前はコスプレだけども、中身は全然違う、須崎さん自身の恥ずかしさや性癖、醜さといった感情を衣装にぶつけて転換したら面白いものができた、という事
・オタク系の人ももちろん、芸術系の人も両方が楽しめる作品になっているよ
・洗練されてなくて、カッコイイのかカッコ悪いのかもわからないけど、ちょっと笑えたりとかホッとする。日本人らしさを前面に出した

中々聞けない事

筆者「写真家って儲かるんですか?」
須崎「儲かる人は儲かるよね」
筆者「須崎さんはどうなんですか?」
須崎「写真集はそんなに儲からないよね、爆発的に売れないと(笑)。僕の知り合いのアイドルカメラマンなんか1冊出して20万くらい。1000部程度発行のやつは。やりたいことやってるんだから。真剣にやってないし(笑)」
筆者「えーっ! そんなこと言っちゃっていいんですか。記事に書きますよここ」

須崎「努力とかもしたことないし。好きなことだから辛くないし、楽しいことだから。それと一緒だよ。ただ、考え方がちょっと変わった事もあった」
筆者「なんですか?」
須崎さん「3.11以降、の時に、僕丁度『sweet joshi』の編集してたんだよね。それで地震起きて、それを見た時に、俺何やってるんだろうって思ってね……。俺なんでセーラー服みたいなの撮っちゃってるんだろうって。考えさせられるわけよ。人の為の仕事ってなんだろうって。こういう写真集って人の為って言えるのかなって」
筆者「それは答え出たんですか?」
須崎さん「出ない。でも、それを見て、ちょっと笑ってくれたりとか、怒る事はないと思うんだよね。人を凄く不快にさせることはないと思ったの。僕にはそれしかないのかなぁって思った」

真剣にやらない、努力しない等、ドキッとするような発言をする、正に写真界の異端児“須崎祐次”。筆者も写真集を見せていただいたが、もちろんエロい部分も有り、笑える個所もあるけど不思議と芸術的なこの写真集。是非とも予約してその目で見てほしい。

oiran_856_a sailor_2061_a alice_711_a
すこやか山田の記事一覧をみる

記者:

滋賀県出身流れ者すこやか山田参上! 色んなメディアや政治、省庁関係、あなたの気になることにブッコんで行くんで夜路死苦!! コテコテの関西人です。元アウトローです。昔はママチャリで東京に行く等無茶な事をしていました。http://gundori.tabigeinin.com/ 重度の2ちゃんねらーです。格闘技と女性が大好きです。

TwitterID: @damian_0522

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。