体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

佐々木希さんが“非モテ女子”を演じた『恋落ち』 限定ファンイベントを開催

6月2日、モデル・タレントとして活躍する佐々木希さんがファンイベントを開催。5月23日に発売された写真集『佐々木希 Aoko Style Book』の手渡し会などを行いました。

『佐々木希 Aoko Style Book』は、佐々木さんが主演したドラマ『恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?』(以下、『恋落ち』)の世界観や、佐々木さんのプライベート、恋愛観がつまった一冊。

『恋落ち』は、「日本ラブストーリー大賞」の大賞受賞作品を原作に、一生懸命頑張っているのになぜか報われない“非モテ”な主人公・宝池青子と、青子をとりまく男性陣のストーリーをリアルに描いた、多くの女性の共感を呼ぶドラマです。

限定イベントに招待された幸運なファンは50名。午前中から、『恋落ち』上映会が行われ、実際に佐々木さんが登場すると大きな歓声が。佐々木さんはファンとの距離に「今までで一番近いかも」と笑顔を見せました。

青子の5年分のストーリーを2ヶ月で撮影したというドラマについて佐々木さんは「真冬の0℃の気温の中ノースリーブになって、ビルの屋上でラジオ体操をしたシーンは本当に寒かったです」と苦労話を披露。

写真集には、ドラマに登場するキャラクター“メリーさん”の着ぐるみを着た姿や、すっぴん姿など貴重なショットが収録されています。

イベントでは、『佐々木希 Aoko Style Book』のキャッチコピーを、会場のお客さん、イベントを中継した「ニコニコ生放送」のユーザーから募集。「青子の恋愛模様はブルー、時々晴れ」というコピーを考えた女性のお客さんと佐々木さんが2ショット写真を撮る一幕も。

ドラマのイメージカラーは、青子の名前にかけてブルー。作中に登場するインテリアも青が基調となっており、こちらは『美女採集』などで知られるアートディレクターの清川あさみさんが手がけたもの。

「この写真集も青を基調としていて、とても可愛い本になりました。私も最近プライベートで青にはまっていて、今日のネイルも青です」とニッコリ。『佐々木希 Aoko Style Book』は、ファッションやインテリアにも注目したい一冊です。

佐々木希 Aoko Style Book

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。