体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「デコルテニキビ」のケア方法 洋服やシャンプーからの刺激にも気をつけて

女性にとって美容に関する悩みは尽きないもの。特に気になるのが「お肌」に関すること。しみ、ニキビ、シワなど、人それぞれ違う“気になる所”を持っているんですよね。

いつも、ガジェット通信に美容情報をアドバイス、紹介いただいている美容家の田中愛さんが、読者から寄せられる色々なお肌の悩みに答える「田中愛の美肌相談室」をYouTube上でスタート。

第二回のテーマは、薄着の季節に気になる「デコルテ ニキビ」について。

デコルテとは、首筋から胸元にかけての鎖骨のあたり。これからどんどん薄着になる季節、デコルテにニキビが出来てしまったら着になりますよね……。

■ニキビの種類は4つ

田中さんによるとニキビの種類は4つ。

黒ニキビ:汚れがつまっている状態。
赤ニキビ:汚れが炎症を起こしている状態。
黄ニキビ:ぶどう球菌が外に出て周りの皮脂を化膿させてしまっている状態。
ニキビ跡:上記のニキビがしっかり治らず、跡が残ってしまっている状態。

それぞれの症状に応じて、少しケアも異なってくるそうですが、まず共通してやるべきなのは「肌を清潔に保つ」こと。首周りは汗をかきやすいので、お風呂上りにベビーパウダーをはたくとサラサラな状態が長持ちします。

■洋服やシャンプーからの刺激にも注意

デコルテは、洋服の襟があたりやすい部分。刺激の少ないオーガニックコットンなどの素材を選ぶと肌にも優しいので、ニキビが出来た時だけでも素材を意識した洋服選びを。また、お風呂の時、シャンプーやコンディショナーを洗い流した時、お肌に残ってしまうのもトラブルのもとに。最後に体を洗う様にしましょう。

■デコルテも顔と同じ様に優しく洗おう

「女はデコルテまでが顔」とはよく言いますが、「体だから!」とゴシゴシ洗っていてはニキビは悪化するばかり。最近では泡で出てくるボディソープや泡立ちの良い石鹸も多く販売されているので、ふわふわの泡で優しく洗ってあげましょう。

次回は、この季節最も気になる「日焼け」についてご紹介します。

ビナーレ代表 美容家 田中愛の美容メソッド
http://www.youtube.com/user/kireibinare

※画像は「美容家 田中愛の美肌相談室vol.2 デコルテニキビに関してのご相談 」より引用。

藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。