体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ドコモ2012年夏モデル】Android 4.0スマートフォン16機種+タブレットと『ドコモクラウド』で“使い方”を提案した発表会を一挙レポート

【ドコモ2012年夏モデル】Android 4.0スマートフォン16機種+タブレットと『ドコモクラウド』で“使い方”を提案した発表会を一挙レポート

NTTドコモは5月16日、『2012年夏モデル 新商品・新サービス発表会』を開催しました。端末では、すべてAndroid 4.0を搭載するスマートフォン16機種とタブレット1機種を発表。これまでのスペックを重視した端末選びではなく、LTEサービス『Xi(クロッシィ)』対応、モバキャス放送『NOTTV』対応、サイズのバリエーションなど、ユーザーの“使い方”に応じて選べるラインアップを強調しました。同時に、端末の種類を問わず利用できるサービスコンセプトとして『ドコモクラウド』を発表。角川書店と共同で立ち上げるアニメ見放題の『アニメストア』、写真・動画のストレージサービス『フォトコレクション』などが「使い方を広げるサービス」として発表されました。

※記事には多数の写真を掲載しています。すべての写真が表示されない場合はガジェット通信をご覧ください

スマートフォン16機種とタブレット1機種を発表

スマートフォン16機種とタブレット1機種を発表

発表会には代表取締役社長の山田隆持氏が登壇。同社のスマートフォン販売台数が2011年には882万台を達成し、2012年には1300万台の目標であることを明らかにして、夏モデルの発表に移ります。夏モデルは通常のスマートフォンが15機種と『らくらくホン』のスマートフォン版1機種、タブレット1機種を発表。ほかに『キッズケータイ』1機種とデータ通信端末1機種を同時に発表しています。スマートフォンとタブレットの17機種はすべてAndroid 4.0を搭載。携帯電話は夏モデルでは新機種は発表されませんでした。

“使い方”による選択を提案

これまで通信速度やCPU、画素数、HDディスプレー、メモリーなどスペックでメーカーが差別化していたスマートフォンですが、同社はユーザーの“使い方”で選ぶようにすると提案。ユーザーの利用法に沿った分類で新端末を発表していきます。

『Xi』対応は12機種 『GALAXY S III』と『Xperia GX』を発表

『Xi』対応端末を発表

「ネットを快適に楽しみたい」という“使い方”に対して、12機種の『Xi』対応端末を発表。代表的な端末として『GALAXY S III SC-06C』と『Xperia GX SO-04D』をピックアップします。

『GALAXY S III』を発表

SAMSUNG電子製の『GALAXY S III SC-06C』は、4.8インチ、1280×720ドットの『SUPER AMOLED』ディスプレーと1.5GHzのMSM8960デュアルコアCPU、2100mAhの大容量バッテリーを搭載。シリーズで初めて『おサイフケータイ』に対応します。

1 2 3 4 5次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。