体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ブサイク男子D君、モテ時代到来! 後編(犬山紙子のイラストエッセイ)

さて、調子こいてるD君の話の続き。前回はコチラ↓
http://otajo.jp/p/3814

「で、どう人生が始まったわけよ!!!!」
と詰め寄る。
「確かにうまい考えだけど、そんなにうまくいくわけえ~!?」

「いや、何も考えないで合コンを開いてたらそりゃ、うまくはいかないよ。だから合コン相手のターゲットをちゃんと絞るわけね」
「あんまり、遊んでいない、まじめな人が好きっていう女性って、よくよく考えたら、30歳前後の人が多いと思うわけよ。若い子は、まだ遊びたい盛りだと思うから、まじめなブサイクより、遊んでるイケメンが好きだと思うんだよね。でもさ、ある程度恋愛を経験した女の人はさ、遊んでる男に浮気されたりとか、痛い目にあってる割合が高いと思うんだよ。だから、誠実な男のほうを選ぶんじゃないかと思ってさ」
「さらに、結婚願望高い人は、顔より誠実さを求めると思うんだよね。だから、結婚願望強そうな、アラサー、ここに狙いを絞ったの」
…………D君、どこでそこまでリサーチしたのよ……。

「ん?『an・an』読んだ!」
ぐっ……! この男できる……! 相手を知るには、男性誌より女性誌を読め! ってことか。くそっ! 私も『ホットドッグプレス』を読むか…………!
「でも、結婚願望強いアラサーってなると結構重い恋愛になりそうだけど、それでもいいわけ?」
「当たり前じゃん! 俺、本命の彼女が欲しかったし、できたら結婚今すぐしたいもん!」
まあ、それならいいのか。
「でも、ターゲット絞るっていってもさあ、そんなに女友だちいたっけ?」
「いないよ、だから、イケメンに頼むんだよ。ほんと俺イケメンの男友だちがいてよかったよ。もちろん、そいつの分のお金は俺が払うって言って何回も開いてもらったの」
……持つべきものは、イケメンの友だち……と。
「イケメンが合コン誘うから、女の子も簡単に集まるし。そのなかでイケメン目当てじゃない子にいっぱい話しかける!」
はあ……D君すげえな……。
「で、半年前にやった合コンでとうとう、この彼女と知り合ったんだよ!」
といってうれしそうに写真を見せてきた。だれも見せてなんていってないのに。

……キレイ!!
キレイな女性とデレデレのD君が一緒に写っていた。なんとなくイメージとしては清楚(せいそ)な感じのおとなしめの女性だったんだけど、見事に裏切る、肉食系。ファッションも結構派手だし。
「この人もやっぱアラサーなの?」
「うん、32歳だよ」
「こんなキレイな人、よく落とせたねえ」
「いや、むしろ、あっちからきたよ。俺がニコニコして真面目さアピールしていたら、あっちが食いついてきてさ。その日にHしたし。それで付き合うことになった」
いわゆる肉食系が、草食系を狩った、そういうことなのか!? でも、Hして、そのまま付き合うってことは……
「あんた、セックス上手なんじゃないの?」

「いや、上手かどうかは、わからないけど、俺みたいなのを相手にしてくれることがうれしくて、超尽くしたの。セックス終わったあとも、寒くないかな? とか考えてすぐ毛布かけて、手をさすって相手の手のひらあっためたり、喉かわいてないか、とかセックスの前後は基本お姫様扱いした」
……なるほど! ここか! ここが遊んでない男の醍醐味(だいごみ)!!! 気遣い!!!!!! これは確かに落ちるかもな……。
セックス中のことはどうかわからないけど、その前後に、優しく気遣いされてお姫様扱いされるのは女の子の大好物である。でも、なんでそんなことをD君ができるんだ?
「何、それも『an・an』読んで勉強したの?」

1 2次のページ
犬山紙子の記事一覧をみる

記者:

「犬山紙子のイラストエッセイ 負け美女」というブログをやっています。イラストエッセイ・写真ネタ・漫画のブログです。 人の恋愛を根掘り葉掘り聞いてゲスくご紹介。 そのほか、過去にあった変な話や人 最近のおもしろかったこと なんかを描いております。 友達の美女達のエッセイをまとめたブログエッセイ本「負け美女」、好評発売中! http://p.tl/xeOL 買ってくれた人は神! ツイッターはコチラ inuningen http://twitter.com/inuningen

ウェブサイト: http://corokkecorokke.at.webry.info/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。