ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

レノボ、新デザインのネットブック『IdeaPad S10-2』発売へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

lenovo_ideapad_s10-2_


レノボ・ジャパンは、ネットブック『IdeaPad』の新シリーズとして、『IdeaPad S10-2(エステンダッシュツー)』を発表、7月4日より販売を開始します。従来モデル『IdeaPad S10e』と比べて、薄型・軽量化したにもかかわらず、音楽や映画を楽しむための高音質ドルビー・ヘッドホン技術や最大6時間の長時間駆動を実現しました。デザインにはモノグラフをあしらい、シルバーグレー、パールホワイト、ローズピンク、ランプブラックの4色のカラーバリエーションで展開します。

lenovo_ideapad_s10-2_wht_fro

『IdeaPad S10-2』は、LEDバックライト10.1型ワイドTFT液晶を搭載し、最薄部で約18mm、重さ1.2kg(バッテリー含む)とコンパクトなモデル。女性のショルダーバッグにもすっきり納まるサイズです。88キーボードとマルチパッドは使いやすいように従来製品より大きめに改良。『マルチタッチ機能』でページ表示サイズの変更も操作しやすく、パッド上で円状に指を動かしてスクロール操作できる『カイラル・モーション機能』によってページのスクロールダウンも簡単になりました。新たに採用されたドルビー・ヘッドホン技術は、使用するヘッドホンに関わらず5.1chサラウンドの音声を高音質で楽しめます。

lenovo_ideapad_s10-2_pnk

また、電源を入れて約10秒、オペレーションシステム(OS)が完全に立ち上がらなくても、ウェブブラウザ、音楽プレーヤー、Skypeなどを利用できる『クイックスタート機能』、万が一、データが破損した場合でも簡単にデータを復旧することができる『OneKey Rescue System』、顔認証システム『Lenovo’s VeriFace』など、革新的なテクノロジーも搭載されています。気になるボディ部分の発熱も、効果的なエアフローで低減。パームレスト、キーボードなど、よく触れる部分で熱さを感じないように改善されています。価格はオープンですが、4万円~5万円の実売価格が予想されています(このニュースの元記事はこちら)。
 
『IdeaPad S10-2』の主な仕様
OS:Microsoft Windows XP Home Edition SP3
CPU:Intel Atom プロセッサーN270(1.60GHz)
ハードディスク:160GB
メモリー:1GB
モニター:LEDバックライト付き10.1型ワイドTFT液晶
ウェブカメラ:130万画素(内蔵)
バッテリー駆動時間:最大6時間
サイズ:W258×D195×H18~42mm
重さ:1.2kg
 
 

■こんなネットブックの記事もあります
富士通、ネットブック『BIBLO LOOX M』シリーズをリニューアル
バッテリーで約10時間動く! ネットブック『dynabook UX』
人気モデルVAIO『TypeP』にWindowsXP搭載モデル登場、WAN機能も搭載

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。