体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。
スタパ齋藤のブログに紹介があったんで買ってみたんです。

http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/stapablog/20120411_523629.html

正直USB DACすら何なのかよく分からんかったんですが簡単に言うと「USB接続で出力オンリーなサウンドボード」だと思います。

USBとイヤホン挿せば音が出ます。ただそれだけ。で、このUSB DACは内蔵するパーツの中でも音に直結するコンデンサ2個をユーザーが好みのものに付け替えるというモノ。

ネットで調べりゃそりゃぁもうこのコンデンサ部分の違いがどうのっていういわゆる"オーディオ"がオーディオと(いろんな意味で)言われる所以みたいなのがわんさか出るんですね。

以下どっかから改変して抜粋

「高音が強めで、女性ボーカルだと突き刺さる」

「音質はドライでかすれている」

「高音はきれいで低音の切れも良い」

「温かい音質」「音の広がり、分離も素晴らしい」

こんな事書かれちゃ気になるでしょ?私はなりました。で、買いました。

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

コレが実物です。画像内の板とコンデンサ2個と抵抗4個(写真は2個ですが)だけです。

面倒なのですが各部品は端子をソケット側に整えてやらんといけません。

手順が全て本書に写真入りで載ってますが地味に面倒です。

(USBのB端子ケーブルが別個必要でした。Bタイプ使用頻度少ないので嫌いです。)

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

で、取り付けて聞くんですが。正直言ってフツーのオンボードと大した違いがわかりませんでした。

この時「蟹チップってすげぇのかな」と思いました。というかPCの標準規格(HD Audio)がすごいのかなとか。

あ、イヤホンはSHE-9700です。Amazonで安売りしてるんでおすすめです。

で、本書にも書いてありますがコンデンサ乗せ替えですね。

こっちは何がどう違うのか分からんのでとにかく色々買いました。秋葉原で。

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

どーん

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

どどーん

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

どっかーん。

秋月は大容量のコンデンサが殆どないですね。

マルツ意外に秋月で300円、国際ラジオと瀬田無線で2000円ちょい使いました。(総額5000円以上使ってますね。ピンサロ行けます。)

安いと思ってバカスカ笊に入れると意外と高いです。(特にオーディオ用は)

ただし、国際ラジオや、瀬田無線で買い物してる時は雰囲気的に何か楽しかったです

オーディオとは何ぞや。impressのUSB DACでオーディオの世界を覗いてみた。

こんなとこ。(凄く殺伐としてます)

この2箇所とその周辺は良い感じな雰囲気なのでリンク貼っときます。(でも買うならマルツという)

1 2次のページ
生活・趣味
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。