体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー

tsumahuri

「家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。どういうことなのでしょうか?」。2010年、『Yahoo!知恵袋』に投稿された伝説の質問をコミカルに実写化した映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』(6月8日公開)。

W主演を務めるのは、ある時はワニに喰われ、ある時は銃に撃たれ、劇中で15パターンもの死んだふりを見せる妻ちえ役を演じた榮倉奈々さん、死んだふりをする妻に困惑する夫じゅん役を演じた安田顕さん。4月中旬、『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』の舞台挨拶に登壇した二人にインタビューを行った。

tsumahuri_main

――お二人にとって夫婦役としては初共演となった今作ですが、これまでと比べて近しい関係の役柄を演じてみていかがでしたか?

安田顕さん(以下、安田):10年前、榮倉さんが朝ドラのヒロインを演じた時に、僕は近所のお兄ちゃんみたいな役をやらせてもらって、それから多くの経験を経た彼女の相手役として自分がまた演じられるのが凄く嬉しかったです。

榮倉奈々さん(以下、榮倉):そんなこと仰って頂けて、こちらこそ嬉しいです。でも(夫婦役は)少し恥ずかしかったですよね。近所のお兄さんから始まったので……。

――原作となっている投稿や、その後のコミックエッセイなどについてはご存知でしたか?

安田:映画の出演が決まるまでは知りませんでした。タイトルを見て「なげぇな」と思いました(笑)。

榮倉:まず、タイトルに衝撃を受けました。『Yahoo!知恵袋』の投稿が映画に、という流れもとても面白いと思いました。台本もとても好きです。

安田:台本はまた別モノでしたね。脚本の坪田文さんと李闘士男監督の世界だと思う。『妻ふり』という題材を使って、お二人の描きたかった夫婦像が詰め込まれています。

tsumahuri

――「なぜ妻は死んだふりをするのか?」というのを観客に考えさせる作りになっていますよね。自分が安田さんの立場だったら……と考えると少し怖さも感じました(笑)。

安田:そうだよねっ! でも、それは完全に男目線だと思う。

榮倉:それは死んだふりに何か大きなメッセージがあるのではないか、という怖さですか?

安田:そうそう、その通り。「何かしちゃったかな、怒ってるのかな」って。後ろめたい気持ちがあったりすると、頭を抱えちゃうんじゃないでしょうか。

榮倉:私はじゅんさんを見て、「そこまで考えてくれるんだ、良い旦那さんだな」と思いました。私だったら、そこまで深く考えずに、「面白いね!」で終わってしまうかもしれません(笑)。

――見る人によって異なる部分かもしれませんね。女性目線でちえの心理は理解できるものですか?

tsumafuri
1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。