体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

こっちは透明じゃない! アサヒビールがペットボトル入りノンアルコールビール『アサヒ ドライゼロスパーク』を7月3日に発売へ

こっちは透明じゃない! アサヒビールがペットボトル入りノンアルコールビール『アサヒ ドライゼロスパーク』を7月3日に発売へ

アサヒビールは6月7日、ビールテイストの清涼飲料『アサヒ ドライゼロ』から、ブランドで初のペットボトル入り飲料『アサヒ ドライゼロスパーク』を7月3日から8月末までの期間限定で販売することを発表しました。

dryzerospark2

『アサヒ ドライゼロスパーク』は、ペットボトル入りにすることで従来の『ドライゼロ』と比べて130%の高炭酸を実現。のどの渇きを止め、刺激が楽しめる新たな味覚を提案します。さらに、フタを閉めることができるので、アウトドアやスポーツ時など幅広い飲用シーンで楽しめるのが特徴。

dryzerospark3

容量は500ml。『ドライゼロ』のブランドカラーであるシルバーを基調としたラベルに、「130% 高炭酸×高刺激」のコピーが目を引きます。ソフトドリンクではなく、お酒の売り場で販売されるとのこと。

dryzerospark4

ボトルの中身はビールカラー。サントリーが5月に発表した『オールフリー オールタイム』は透明なノンアルコールビールで、「職場でも気兼ねなく飲用」という斬新な提案がネットで話題になりましたが、『アサヒ ドライゼロスパーク』は食事中、風呂上がり、食事後のリラックスタイムに加えて、ペットボトルの特徴を生かしたアウトドアやスポーツシーンを提案。少しコンセプトが異なるようです。もちろん、アルコールは入っていないので、勇気ある人はオフィスで飲んでもいいと思いますよ!

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。