体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

芦田愛菜プロの名演に学ぶ親子コミュニケーション術 思春期を経験した母娘から共感の嵐

cut_cm02

「これ、タメになるねぇ」「すごい大事な内容だよおかあさんたち!」と全国の母娘から共感の声を呼んでいる新CM、もうご覧になりましたか?

パナップ 芦田愛菜「話そう」篇 グリコCM(YouTube)
https://youtu.be/yYnXpynoQIA

5月29日より江崎グリコのテレビCM『パナップ 話そう』編が全国でオンエア開始。5月25日からはウェブ動画『パナップ 頑張れ、わたし』編が、『YouTube』のグリコ公式チャンネルにて公開されています。

新イメージキャラクターの芦田愛菜さんが一人二役で出演しているこのCMとウェブ動画。一見すると双子の姉妹役? なんて思っちゃうのですが……!?

一人二役で演じたのは……

cut_cm00

芦田さんが演じたのは、自身と同じ女子中学生(ブレザー姿)と、その母親の中学生時代(セーラー服姿)という、ともに14歳の一人二役。過去と現在の人物が共存する一風変わった設定の中で、「母親に気持ちを分かってもらえない」と葛藤する“思春期の娘”と、同い年の目線からアドバイスを送る“27年前の母親”を見事に演じ分けています。

2018年に発売から40年を迎え、親子二世代にわたって親しまれてきた『パナップ』。「Talk with Panapp. 話そう。パナップ。」をコンセプトに、CMとウェブ動画には“家族のコミュニケーションを深めてほしい”とのメッセージが込められているそうです。

『パナップ』が会話のキッカケに

cut_cm03

現在41歳になった母親を交えてテーブルを囲む三人は、会話のキッカケが上手くつかめず、何となく手持ち無沙汰な様子。現在の母親が27年前の自分に“娘との接し方”を相談します。

「何事もね、イキナリはムリ!」と答える27年前の自分。「ゆっくり時間をかけて、だーんだんやわらかくしていくのが味わい……」と『パナップ』にゆっくりスプーンを入れると、14歳の娘が「それわかる!」と共感。

cut_cm07

「少し待ってやわらかくするとおいしい……」といつの間にか『パナップ』の話にすり替わっていますが、現在41歳の母親も「それわかる! 私もちょい溶け派」と会話が弾みだします。

ネット上では「愛菜ちゃんの笑顔、本当愛が深いわ。慈愛が深いわ。情けが深い」「あの演じ分けはすごいさすが 鳥肌立った」と芦田さんの自然体の演技を称賛する声の他、親子のコミュニケーションについてヒントが得られたという人も。

芦田愛菜「話そう」WEBムービー パナップ(YouTube)
https://youtu.be/cKO3Pdpz8W0

公開から2週間で60万回再生を突破したウェブ動画では、CMの世界観をより深く掘り下げ、芦田さんの表現力がこれでもかと爆発しています。企業広告なのに、ひとつの短編として完成度高すぎ! 親子の団らんが最近少ないかも……と思っている人は、こちらもチェックしてみては。

江崎グリコ『パナップ』製品サイト:
http://www.glico.co.jp/ice/panapp/index.html

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。