体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

AIでガンダムについて語り合えるコミュニケーションロボット『ガンシェルジュ ハロ』が7月下旬に予約販売を開始 価格は14万9040円

AIでガンダムについて語り合えるコミュニケーションロボット『ガンシェルジュ ハロ』が7月下旬に予約販売を開始 価格は14万9040円

バンダイは、アニメ『機動戦士ガンダム』に関する会話を楽しむためのコミュニケーションロボット『ガンシェルジュ ハロ』の予約販売を7月下旬に開始予定であることを発表しました。

haro2

劇中に登場するマスコットロボットの“ハロ”を、直径約19cmのサイズで再現。ユーザーの発言を音声認識してAIで意味と意図を分析、ハロの声でデータベースから最適な回答を返すことが可能。キャラクターのセリフや忘れられないシーンなど、『ガンダム』にまつわる様々な会話を楽しめるのが特徴です。

アニメ『機動戦士ガンダム』の内容に特化した会話AIの開発には、日本アイ・ビー・エムが協力。ハロの声は、劇場版『機動戦士Zガンダム』3部作、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』などでハロの声を担当する新井里美さんによるもの。

haro3 haro4 haro5

目と口にはLEDを内蔵し、色や点滅で状態や表情を演出。会話している相手の方向に向きを変えたり、前後左右に揺れる動作など、劇中の愛らしい動作を再現しています。本体の設計と生産はVAIOが担当。実際の動作は、昨年の展示会『CEATEC JAPAN 2017』で撮影した動画をご覧ください。

【CEATEC2017】バンダイの『ガンシェルジュ ハロ』(YouTube)
https://youtu.be/u6lb1t3XQRk

haro6

手足パーツを取り付けて飾ることも可能。Bluetoothスピーカーやアラームなどの機能を搭載し、初期設定などさまざまな設定を行うための専用のスマートフォンアプリが提供されます。

『ガンシェルジュ ハロ』は、『プレミアムバンダイ』で7月下旬から予約販売を予定。価格は14万9040円(税込み)。AIサービスを提供するサーバー利用費は、初回発売月から12か月間は無料の予定。通信費はユーザーの負担になります。

6月7日から10日にかけて東京ビッグサイトで開催される『東京おもちゃショー2018』のバンダイブースで展示を予定しているそうなので、いち早くチェックしてみたい人は足を運んでみては。

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。