体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MAMORIO SpotがJR東日本の駅落とし物預かりセンターに設置開始

Bluetooth LE を活用した忘れ物防止タグ「MAMORIO」シリーズを提供している MAMORIO は 5 月 29 日、JR 東日本と共同で「お忘れ物自動通知サービス」を試験的に開始すると発表しました。
サービスは 6 月 1 日に下記に記す 4 駅で始まります。
MAMORIO は非常に小さな Bluetooth タグで、スマートフォンと定期的に通信することで鍵や財布など身の回りのアイテムの位置を記録し、もし置き忘れがあった場合には持ち主のスマートフォンに通知が届きます。
(参考)MAMORIO S のレビュー新たに始まる「お忘れ物自動通知サービス」とは、JR 東日本の駅のお忘れ物承り所に専用アンテナ「MAMORIO Spot」を設置し、MAMORIO の付いた落とし物がセンターに届けられると、MAMORIO タグが発する電波をキャッチして持ち主のスマートフォンにその旨を通知します。
運良く落とし物センターに届けられたことをタイムリーに確認できるということです。
MAMORIO Spot はまず、東京駅、上野駅、大宮駅、千葉駅の 4 駅の落としものセンターに設置されます。
もしこれが全国に拡大すると、おそらく MAMORIO による落とし物の回収率は大きく伸びると予想されます。
Source : MAMORIO

■関連記事
MediaPad M5とMediaPad M5 Proが国内で発売開始
OnePlus 5/5TにOxygenOS 5.1.2へのアップデートが配信開始
視覚障害者向けの点字スマートウォッチ「Dot Watch」が登場

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。