体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

服を着たままレーザーで体温や血圧が測定できる新技術、イスラエル企業が開発中

呼吸状態に肺機能、心拍、体温、血圧、脈波伝播速度、ブドウ糖、アルコールレベルなどをレーザーで同時にモニター。しかも服を着たままでも測定可能という、なんともすごい技術をイスラエルの企業が開発中だ。

病院や自宅でモニタリングが必要な患者向けの技術で、特に循環器系や糖尿病の患者の場合に役に立つという。

・細かな振動をキャッチ

手がけているのはイスラエルのテルアビブ拠点の「ContinUse Biometrics」。開発元によると、レーザーをあてるだけで上記の項目を調べることができる。

この技術、ナノテクノロジーがベースになっているとのこと。特殊な光学レンズとレーザーを搭載したカメラやセンサーを使い、体の中の化学物質や分子、そして内臓の動きで発生する細かな振動をとらえる。

・スマホがモニター機器に

すごいのは、この装置、患者が服を着たままでも利用でき、1メートルほど離れたところからも測定できることだ。また、この技術をスマートフォンなどに搭載して端末をリモートモニターとして活用できるようにすることも視野に入れている。

つまり、医療施設での使用はもちろん、在宅で療養する場合にも適切に見守れる環境を構築できるわけだ。

この技術はまだ開発段階で、実用化の時期などは示されていない。しかし、近い将来、私たちの健康管理や闘病を支える強力なツールとなりそうだ。

ContinUse Biometrics

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。