体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脚本家・上江洲誠さんや岸誠二監督の熱いトークが炸裂! イベント「BONKLIVE」に行ってきた(前編) 

bonklive01

「瀬戸の花嫁」「蒼き鋼のアルペジオ」「暗殺教室」「アルスラーン戦記」「この素晴らしい世界に祝福を!」「BORUTO」などなど、2000年代より数多くの人気アニメ作品でシリーズ構成をつとめる脚本家の上江洲誠さん。
現在もっとも忙しい脚本家のひとりであると思われますが、定期的に阿佐ヶ谷ロフトAにて「BONKLIVE」(ボンクライブ)なるトークイベントを行ってらっしゃいます。

先月4月14日に行われたこの「BONKLIVE」、今回幸いにも取材する機会をいただいたのでお邪魔してきました。人気イベントだけあって前売りのチケットは即日完売で、阿佐ヶ谷ロフトの限界に近いお客さんが入っていたようです。

イベント前日の4月13日は、上江洲さんが脚本監修をつとめる舞台「乱歩奇譚」の初日。こちらも一週間以上にわたる公演ながらチケットは完売状態だったとのこと。

まずは前日「乱歩奇譚」のバックヤードで撮ってきたという映像を公開。出演俳優の方々と撮影した貴重な映像、ファンにはたまらないものなのでは。ちなみに、作品はなかなかに「重くハードでエッジの効いた」内容で、堪えられなくなって途中で出てしまうお客さんもいるくらいだったとか……。

乱歩奇譚トークの後、イベントではおなじみのゲスト・岸誠二監督登場! 上江洲さんとともに数多くのアニメ作品を生み出してきた方であり、やはり現在もっとも忙しいアニメ監督のひとりでしょう。
その岸監督、なんと頭や肩に見事なタトゥーが!(どうやらシールだったみたいですが)
撮影コーナー開始ということで、みなさん携帯を監督に向けます。見事な一眼レフカメラをお持ちの方も何人かいたようです。

2019年アニメ化「ケンガンアシュラ」

乾杯の後、「スタジオ雲雀」の比嘉勇二プロデューサーが登壇。オンエア日はまだ確定していないものの2019年にアニメ化が決定している「ケンガンアシュラ」トークを繰り広げることに。
「裏サンデー」で連載されている、原作サンドロビッチ・ヤバ子先生・作画だろめおん先生による格闘マンガ「ケンガンアシュラ」。現在コミックスが24巻まで発売されております。
http://urasunday.com/kengan/[リンク]

アニメ「ケンガンアシュラ」ティザーPV
https://www.youtube.com/watch?v=Qnvf_Wp7ONo[リンク]

立木文彦さんがナレーションを行っているアニメのティザーPVが流れ、画面に「監督 岸誠二」「シリーズ構成 上江洲誠」といった文字が。

音楽は数多くのアニメ・特撮作品の劇伴を手がけている高梨康治さん。格闘技PRIDEのテーマ曲でもお馴染みであり、立木さんのナレーションとあいまってまさに”本物”の「格闘技イベント」のPV。岸さんや上江洲さんの「本物を作りたい」というこだわりで実現したようです。

PVの格闘シーンについて、
比嘉「毎週スタジオ雲雀内で戦っているのを撮っているんですよ」
上江洲「さっきチラっと(PVで)見せたアクションシーンあったじゃないですか。あれホントに岸さんたちやってるんです。全く新しいモーションキャプチャーのスタイルを」
「スタジオ内で暴れまくってます」(場内爆笑)
上江洲「さっきのドロップキックとか回し蹴り本当にやったんです。アニメスタジオにマットひいてね」
といった説明がなされました。

1 2次のページ
Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。