体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【感動】地球規模の『コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー』が開催! 全サッカーファン号泣の神イベント!

01_DSC_0677

全世界のサッカーファンが待ちわびる4年に一度の祭典、FIFAワールドカップがいよいよ6月から開催される。6大会連続6度目の出場を決めた日本代表は、果たして今大会ではどのような成績を収めるのだろうか。日本国内でも徐々にボルテージが高まりつつある。

・W杯に先駆け地球規模のイベントが開催された
世界中がFIFAワールドカップの開催に向けて盛り上がる中、サッカーファンにはたまらない地球規模のビッグイベントが開催されていたことをご存知だろうか。

そのイベントとは『コカ・コーラ FIFA ワールドカップ トロフィーツアー』。世界にたったひとつしかないFIFAワールドカップのオリジナルトロフィーが全世界を回るという、コカ・コーラ社とFIFAが90年近くに渡って築き上げてきた強力なパートナーシップにより実現したイベントなのである!

02_DSC_0753

・ついに日本にもトロフィー上陸!
オリジナルトロフィーは9ヶ月をかけて世界50ヶ国をまわり、先日ついに日本に上陸。東京・大阪で限定公開された後、最後の都市として静岡県の『清水ナショナルトレーニングセンター』にやって来たのだッ!!

日本では3都市で公開されたとはいえ、一般向けに公開されるのは静岡のみ。しかもトロフィーが人前に姿を現す機会は非常に貴重であり、この機会を逃すと次は決勝戦後に優勝チームの選手が高く掲げるシーンまで見ることができない。そのため、静岡県民だけでなく全国各地からトロフィーを一目見ようと多くのサッカーファンが集結した。

03_DSC_0601

・ゴン中山さえも興奮を隠せない
オープニングセレモニーには日本人で最初にFIFAワールドカップで得点を挙げた中山雅史選手をはじめ、日本コカ・コーラ株式会社代表取締役社長のホルヘ・ガルドゥニョ氏、2018 FIFAワールドカップ ホストシティアンバサダーのヴィクトリア・ロペリョーヴァ氏などが登壇。

特にFIFAワールドカップ出場経験のある中山選手は会場に集結したファンと「ニッポンコール」をするなど、興奮を抑え切れなかった様子であった。

04_DSC_0604

・トロフィーのアンベールで場内の熱気は最高潮!
そしていよいよトロフィーに被せられたベールがはがされ、トロフィーの姿があらわとなる瞬間を迎えた。うおおおおおおおおおっ!! これがFIFAワールドカップのオリジナルトロフィーか……!!

05_DSC_0629
06_DSC_0635
07_DSC_0746

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。