体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニコニコ超会議2018:会場来場者数・ネット来場者数とも微増! 『niconico』カルチャーに復調の兆し

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2018年4月28日・29日に幕張メッセで開催された『ニコニコ超会議2018』。ドワンゴの発表では、会場来場者数16万1277人、会場からの『ニコニコ生放送』を視聴したネット来場者数は612万1170人となっています。

昨年の来場者数は15万2561人なので、約1.06増。ネット総来場者数は2017年の505万9967人から1.21%増と、減少傾向にあったネット視聴者数も持ち直す数字となっています。恒例となった『超歌舞伎』や、新たな試みとなった『超笑点』『テクノ法要』などが増加の一因となったのではないでしょうか。

今回も音楽同人即売会『M3』が1日しか被らず、オールジャンル同人即売会『COMIC1』が2018年4月30日開催で、客層の分散が避けられたという要素も見逃せません。『超年表ブース』でも、2017~2018年のところに「俺歴史」が集中する傾向にあり、『niconico』のサービスが10~20代の層に根強いリーチがあることが示された結果だといえそうです。

ニコニコ超会議2018公式サイト
http://chokaigi.jp/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。