体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「その時、御簾が動いた」猫が起こしたモロ見えの大事故! 仕事ができないキャピキャピ女房たちの大失態 ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

「ちゃんと仕事してよ!」困ったキャピキャピ女房たち

未来の帝・若宮誕生の喜びに湧く六条院で、源氏の一人息子・夕霧は別のことに関心を向けていました。もともと自分がお婿さん候補だったのに、父の正妻になってしまった女三の宮のことです。

夕霧は相変わらず真面目に父の元へご機嫌伺いに来ていますが、寝殿周辺で聞こえてくる宮の情報はガッカリなものばかり。

宮の女房には、年配のしっかりした人は少なく、若くて綺麗な女性が多く集まっています。が、彼女たちは恋愛とオシャレと遊びにしか関心がなく、何の悩みもないのをいいことに、朝から晩まで子供じみたゲームに熱中。キャピキャピした女房に囲まれて、宮の周りにはだらしない雰囲気が充満しています。

作者はここで「仮にこの中に内気な女房がいて、あれこれモヤモヤしていたとしても、表向きは彼女たちに合わせて楽しそうに振る舞うのだろうし……」と記述。実際に紫式部日記では、上流階級出身の若い女房たちの対応力のなさにウンザリしたエピソードが書かれています。

「殿上人が立ち寄った時に、いつもご機嫌を損ねる応対をするのは本当に残念」「やっぱりデキる人は滅多にいない」「普通宮仕えを始めたら、それなりに仕事を覚えていくはずなのに、この方々はいつまでもお嬢さん気分が抜けない」。もう、ちゃんと仕事してよ!! ……という声が聞こえてきそうです。

そうはいっても職場のこと、内心はどうあれ表向きは合わせていかないとしょうがない。同調圧力にストレスを感じながら生きているこの姿、千年以上経っても変わっていない現状ですね。

未だにワンチャン狙い!期待が膨らむ男心

話を物語に戻しましょう。源氏はこの遊び好きで派手な女房らを苦々しく思っていますが、なんでも頭ごなしに叱るオヤジでもないので、特に止めろとも言いません。

その代わり(女房たちはともかく)宮自身にはもう少ししっかりしてもらうよう、気がついた時に教育的指導をしています。お陰で、宮も以前よりは少し、振る舞いに気をつけるようになりました。

こんな情報がホイホイ流出すれば、自然と宮の良くないイメージも固定されてしまうわけですが、女房たちはそんなことにも気を配れない。夕霧は「父上にとって、宮さまは単なるお飾りなんだな」と思いつつ、心は紫の上に飛んでいきます。

(やっぱり紫の上さまみたいな方はそうそういらっしゃらないんだなあ。こんな風に露骨な評判も聞くことなく、いつも奥ゆかしくお過ごしで。今回の若宮誕生では明石の上とも協力しながら、お優しく品位を失うことなく。なんと素晴らしい方だろう)。

夕霧も男、雲居雁との結婚生活に安住する一方で、どこかで父の六条院ハーレムライフに憧れています。やっとの思いで結婚した雲居雁はたしかに可愛いのですが、紫の上のような絶世の美女というわけではなく、”探せばいそう”なレベル。で、その中身も至って普通の人。そのことが段々見えてきて、情熱が薄れていく。非常によくあるパターンです。

男の憧れを実現させた父と、その妻にあれこれ思いを馳せながら、ひょっとしたら自分と結婚したかもしれない宮への興味も捨てきれない夕霧。「あの台風の日に紫の上さまを覗き見たように、宮さまのお顔を拝見するチャンスがないだろうか」と、ワンチャンを期待。このあたりの男心が実にリアルです。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。