体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【フラガールへの憧れから復興アイドル、そして東京へ】アップアップガールズ(2)高萩千夏の“アイドル上京ものがたり”【ドラマは田舎者の想像を膨らませすぎです】

地方から東京に移り住んで、アイドルとして活動する女の子たちの東京やふるさとに対する思いや日常をうかがう「アイドル上京ものがたり」。今回は福島県いわき市出身アップアップガールズ(2)髙萩千夏さんの登場です。
 
ライブアイドル界を牽引し続けるアップアップガールズ(仮)の妹分として誕生して2年目となるアプガ(2)。髙萩さんは東北らしいおっとり癒やされる口調に料理上手と男心をがっちり掴む個性を持ちつつ、自ら楽曲の振り付けも行うしっかりリーダー。高校時代は地元アイドルグループで活躍、大学進学のために上京してもうアイドルをやるつもりはなかったはずがアプガ(2)の一員に。その地元愛と東京への思いをたっぷりうかがいました。

周りが山と田んぼなんで大きなスピーカーにマイク繋げて歌ってました

--髙萩さんはツイッターのプロフィールに「福島原産田舎っぺ」と書くくらいなので、本気の田舎育ちなんですか? いわき市っていうと東北地方で仙台市に次いで2番目に大きい都市だそうですけども。

髙萩 福島ってめっちゃ田舎なんですけど、いわきは広くて都会もあれば山も海も完璧に揃ってる街なんですよ。自称“東北の湘南”って言うくらいなんで。

--初めてそのキャッチフレーズ聞きましたよ! そんないわき市でも田舎の方ってことでいいんですか、髙萩さんの出身は。

髙萩 はい! わたしは山の方でした。ほんと山の中で、うちは農家だったんですけど、家の周りは木か畑か田んぼしかなくって。隣の家は坂を下ったところにあって、そこから先は駐車場か岩置き場か……。

--「岩置き場」って何なんですか(笑)。

髙萩 庭とかに使う岩を置いてあるところです。もう田舎なんで、みんながみんな家族みたいな感じで、知り合いじゃなくてもすれちがったら家族! みたいな。一回すれ違えば、次は「どう学校?」とか声かけてくれるような、めっちゃ温かい街でした。

--「髙萩さんちの娘さん」っていえばみんな知ってるみたいな。子供のころはどんな遊びしてました?

髙萩 庭も広いし山もあるから、近所の友達とお兄ちゃんの3人でかくれ鬼ごっこしてました。

--山でかくれんぼ&鬼ごっこですか。

髙萩 もう、絶対捕まらないんですよ。山の中だからどこまでも逃げれるんで、鬼やる人がかわいそうで(笑)。だいたいお兄ちゃんがやるんですけど。それに山はヘビとかイノシシが出るようなところで。

--危険と隣り合わせの鬼ごっこですね!

髙萩 それに本当に周りが山と田んぼなんで、大きい音出しても大丈夫なんですよ。だから小学校の誕生日のときに、マイクを買ってもらったんです。それで家にある大きなスピーカーで大きな音で音楽鳴らしながらよく歌ってましたね。東京でやったら苦情が来るレベルの音量だったと思います(笑)。

--夜な夜な小学生の歌声が山に響くわけですね。

髙萩 周りから苦情は来なかったんですけど、じいちゃんとばあちゃんから「また歌ってんのかあ」って言われるのが恥ずかしかったです(笑)。ちょうどその頃『ヘキサゴン』が流行ってて、里田まいさんが大好きだったんですよ。それをきっかけにハロー! プロジェクトが好きになって。本当は踊りながら歌いたかったからワイヤレスマイクが欲しかったんですけど、コード付きじゃないとダメだって買ってもらえなくって。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。