体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入籍発表の須藤凛々花「子どもは5人くらい欲しい」 娘がアイドルになるのは「全力で反対」

dsc_0097

4月19日、元NMB48でタレントの須藤凛々花が、かねてより交際を明かしていた一般男性と入籍していたことを発表。同日、入籍を発表してから初めて報道陣の前に姿を現し、「お騒がせしておりますが、無事に入籍することができました。支えて下さった多くの方々に感謝して、笑いある素敵な家庭にしていきたいです。なるべく人妻らしく、炎上しないように(笑)」と、炎上キャラの返上を宣言した。

この日エプロン姿の須藤が参加したのは、19日に開幕した『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』の関連イベント、『よしもと沖縄シュフラン』の試食選考会。沖縄県内の主婦が推薦する沖縄の魅⼒ある名産品をピックアップし、試食・選考を経て認定品を決定する地域活性プロジェクトで、須藤は沖縄県内から選出された菓子、スイーツ、スナック類、ジュース、酒などの特産品を試食した。

すでに同棲生活をスタートしていると語った須藤は、「仕事をおろそかにしてでも料理を頑張ろうと思います」と述べ、得意料理を問われると、「海老の味噌汁は喜んでくれました。タコさんウインナーをリクエストされて、いっぱい作りました」とコメント。

新婚生活はめっちゃ楽しいです。朝、仕事に出かける時から家に帰るのが楽しみで、仕事の効率があがって、撮影を巻いて終えられるくらいテキパキと過ごせるようになりました」と、幸せ全開をアピールした。

dsc_0041

沖縄を訪れたのは、サプライズの結婚宣言が飛び出した昨年6月の『第9回AKB48選抜総選挙』の開票イベント以来。「大人の慌てた顔を思い出しますね。周りの人が一緒になって叩かれるのはツラかったけど、私は嫌われてもまあいいかなって感じでした」。

今年に入ってから、彼と一緒に私の母親に会った時に、“結婚させてください”と言ってくれました。ちゃんとしてて格好良いなぁと思いました」。

この日、左手の薬指にはシャネルの指輪を着用。「カラット数は分かりません。彼と一緒に12件くらいお店を回って、一緒に指輪を選びました。百貨店のクーポンを使う予定でしたが、シャネルが気に入ったので、定価で購入することになりました(笑)」。

出産の予定については、「子どもはまだ早いと思っています。夫婦だけの時間が2年間くらいは欲しいです。(将来的に子どもは)全部で5人くらい……男の子2人、女の子3人。少子化を全力でひきとめます」と展望を明かした。

自分の娘がアイドルを目指すと言い出したら、「全力で反対します。ヤフコメや5chで私が叩かれているコメントを見せて、それでもやるなら応援します」と、笑顔で語った。

dsc_0368

▲夫の似顔絵を描いた須藤凛々花

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。