体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

元Google社員によるブロックチェーン開発コミュティが登場!発起人にはNEOの中の人も

AIと並ぶ技術革新ともいえるブロックチェーン。市場の急成長に伴って人材の需要も増大している。

こうしたなか、ブロックチェーン分野に優良人材を取り込み、技術革新を推し進めるべく元Google社員の3人が立ち上がった。

最先端のブロックチェーン・プロジェクトに携わる3人が立ち上げた、Google社員のコミュニティ「xGoogler Blockchain Alliance(GBA)」について見ていこう。

・中心人物はNEOの創始者

GBA立ち上げの中心人物、Hitters Xu氏は、中国版Ethereumとも呼ばれる仮想通貨NEOの創始者の1人。

これ以外の2人、Andy Tian氏、Daniel Wang氏についてもそれぞれ、分散型の贈与プロトコルGiftoや、分散型の交換プロトコルLoopringといった、大型のブロックチェーン・プロジェクトを率いている。

Google社員時代も常に時代の最先端技術の開発に携わり、進展に影響を与えてきた3人だが、その能力をブロックチェーン分野に向け、さらには今回、才能あるGoogle社員を集めて市場に一石を投じようと企てているようだ。

・ブロックチェーンの未来を創る

GBAは、ブロックチェーン分野に興味を持つGoogle社員および元Google社員の参加を募っている。活動の場となっているのは、サンフランシスコ・ベイエリア、北京、上海で、活動内容についての詳細は不明だが、ブロックチェーンに関するアイデアを共有し、話し合いや開発においての協力をおこなっていくものだという。

また、優良なブロックチェーン・プロジェクトの支援も計画しているようだ。

まだまだ利便性よりも欠陥が目立つブロックチェーン技術だが、熱い想いを持って知を結集し、時代を動かしていこうという勢力の出現は心強い。

最近まで前面に出ていた投機的側面が制度に整備などから、落ち着きを見せている。ノイズが減退したことは、技術の進展にとってはチャンスでもあり、我々一般人がブロックチェーンの真価を実感できる日も近いかもしれない。

参照元:A new community for ex-Googlers interested in Blockchain/PR Newswire

GBA

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。