体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【TDR35周年】35年前の“あの場所”でのオープニングセレモニー 嵐の中多くのファンが集結!

4月15日(日)、東京ディズニーランドにて、東京ディズニーリゾート史上最大の祭典「東京ディズニーリゾート 35 周年“Happiest Celebration!”」の開幕をお祝いするオープニングセレモニーが開催! 35年前と同様、ワールドバザールにて執り行うというセンチメンタル全開な式典でした。

まずは<セレモニー前のウェルカム・グリーティング>の様子を。パークが開園すると、(ワールドバザールの中の)セレブレーションストリートでは、35周年のテーマソングが流れるなか、キャストさん約240名がゲストをお出迎え。いろいろな持ち場の方たちが集まっていて、壮観な眺め!

ワールドバザールの中は記念すべき開園日をお祝いするために大勢のゲストが集まり、ものすごい人出に。あいにく嵐のような悪天候でしたが、その熱気が天に通じたか、午後は普通に晴れるというウソみたいな空模様。

午前8時40分、特設簡易ステージに東京ディズニーリゾート・アンバサダーの福本 望さんが登場してセレモニーがスタート。その後35周年初日を楽しもうと朝早くから来園した大勢のゲストを前に、株式会社オリエンタルランド 代表取締役会長(兼)CEO加賀見 俊夫さん、ウォルト・ディズニー・パーク&リゾート プレジデント/マネージング・ディレクター,アジアのマイケル A.コールグレイザーさんがあいさつ。加賀見さんも35年前当時のことを思い出したようで、この時点でもうカタルシス到来です。

そしてオリエンタルランド 代表取締役社長(兼)COO 上西京一郎さんが「Happiest Celebration!」と開幕宣言すると、カラフルな紙吹雪が舞い、ミッキーマウス、ミニーマウス、ドナルドダック、デイジーダック、プルート、グーフィー、チップ、デールがお祝いに駆けつけ大盛り上がり!

その後、囲み取材といってOLC社の役員の方に大規模開発計画の進捗を聞く道チックな問答タイムに発展するも、特に特筆するような目新しい情報はなかったです。ディズニースカイ報道が完全否定されていて面白ったですが、それよりもただ、おめでとうと言いたい。おめでとうと言うべき。

35周年。本当に背筋がピン! と伸びる想ひですなあ。アニバーサリーイベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」は、2019年3月25日(月)まで開催中です。ディズニーの仲間たちやゲスト、キャストの笑顔がはじける史上最大の祭典を楽しまずにはいられないね!

(C) Disney

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ときたたかし) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。