体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドリップコーヒーは何回使い回せるのか徹底検証! 33回目からお湯味になることが判明!

メインイメージ、検尿の写真じゃありませんからね。ドリップコーヒーです。

家でも職場でも手軽に本格的なコーヒーを楽しめるドリップコーヒー。熱湯を注ぐだけで作れてとても便利ですが、1回使っただけで捨てるのはもったいないと思っている方は多いのではないでしょうか。

何回使い回せるのか検証してみた

もしドリップコーヒーを何回も使い回したら、どのくらい味が劣化してしまうのでしょうか。そして何杯目までコーヒーの味を感じることができるのでしょうか。気になることばかりですよね。

そこで今回は、ひとつのドリップコーヒーのパックを使い回し、コーヒーを50杯抽出してみることにしました。もし何十杯もコーヒーを作ってもコーヒーの風味を感じられるのであれば、素晴らしい節約術になること間違いなし! 早速試してみましょう!

検証スタート! まずは一気に50杯分のコーヒーを作る

50杯分のコーヒーを抽出するのはものすごく単純作業なのですが、実際に作業をしてみると、1杯ずつ明らかな変化を感じることができて、とても興味深く作業を進めることができました。

最初の3杯の時点で色の違いは明らか。写真だと1・2枚目は同じように見えてしまうかもしれませんが、1枚目と3枚目の比較なら、かなり色が変わっていることが伝わるのではないでしょうか。

そのまま地道にコーヒーを注いでいくと……

10杯目の時点で見事なグラデーションに! なんだか綺麗ですね……。5杯目あたりからはもうコーヒーというよりお茶っぽい色になってしまっていますが、飲んだらしっかりコーヒーの味がするかもしれません。引き続き進めましょう。

そして地道な作業を続けること1時間……

ドリップパックの紙が限界を迎えそうになったり、フィルターが詰まり始めて抽出のペースがどんどん遅くなったりしながらも、どうにか50杯注ぎ切ることができました!

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。