体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

殺人鬼レザーフェイスになるのはだーれだ? 『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』新場面写真解禁[ホラー通信]

13日の金曜日、いかがお過ごしでしょうか? 春はホラー映画の公開が少なくて淋しいけれど、そんなうららかな季節に13日の金曜日がやってきた偶然に、記者はひとり心ときめいております。

これだけ煽っておいてなんですが本日はボーヒーズさんとこの坊っちゃんではなくソーヤーさんとこの坊っちゃんのニュースをお届けいたします。食人一家ソーヤー家の末っ子であり、ホラーアイコンとして名高いレザーフェイス(『悪魔のいけにえ』)。彼のあどけない幼少期から、家業に貢献する人皮マスクの殺人鬼へと成長していく様を描き出す前日譚『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』が公開されます。

はてさてこの物語、ちょっとした仕掛けがあるんです。
あまり情報を入れずに本編を観たい方は以下のテキストをすっ飛ばして写真だけパパパーッと見て期待に胸膨らませ、映画の公開を楽しみにお待ち下さいね。

一家のまわりで死体がちょいちょい発見されることから「この一家はどうも問題ありだぞ」と警察に目をつけられ(そりゃそうだ)、幼いレザーフェイスはソーヤー家の元から保護されてしまいます。今作でのレザーフェイスの本名は『悪魔のいけにえ レザーフェイス一家の逆襲』と同じく“ジェディダイア(通称ジェド)”ですが、保護された時点で名前を変えられ、施設で新しい生活をおくることになります。元ジェディダイアは立派に成長し、ぶち込まれた精神病院を仲間たちとともに脱走しますが、ジェディダイアにつけられた新しい名前および、登場するどの若者がレザーフェイスになるのかは、物語の途中まで明かされないのです。

今回、13日の金曜日に特別解禁となるのは、精神病院から脱走したレザーフェイスと若者たちの場面写真。果たして誰がレザーフェイスになるのかしら……? 女性も2人いるけど、ほら、のちにお化粧したマスクもかぶってたしね……。あらゆる可能性がありますよ、ええ。

観ている間に誰をレザーフェイスと想定するかによって、自分の中の“レザーフェイス像”が浮き彫りになるかもしれません。色々妄想を膨らませながら観るのが楽しいので、ここはひとつ、ネタバレ情報など調べずに新鮮な気持ちで鑑賞するのが一番じゃないかなぁ~と思います。公開をどうぞお楽しみに!

『レザーフェイス―悪魔のいけにえ』

5月12日(土)より新宿シネマカリテ他にて全国順次公開
全国の上映劇場他にて前売券(1500円税込)が発売中

プロデューサー:トビー・フーパー
監督:ジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロ
出演:スティーブン・ドーフ、リリー・テイラー、フィン・ジョーンズ
2017年/アメリカ/89分/原題:LEATHERFACE配給:松竹メディア事業部
公式サイト:http://leatherface.jp/

ホラー・カルト映画&ホラーエンタメ情報の『ホラー通信』はこちら – http://horror2.jp[リンク]

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。