体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

シャーベット感覚で楽しめる『コカ・コーラ フローズン レモン』が夏にピッタリ! 日本向けに世界初登場

dsc_0739

4月だというのに東京都心で25度以上の夏日を記録しちゃってる今日この頃。子どもから大人まで涼をとるのにピッタリな製品が登場しました。

コカ・コーラシステムは、『コカ・コーラ』ブランドとして初となる容器入りフローズン飲料『コカ・コーラ フローズン レモン』の発売を発表。4月16日(月)より、メーカー小売希望価格130円(税抜き)で販売されます。

dsc_0754

パウチごと凍らせることを目当てに開発された同製品は、容器を手で揉むことで柔らかいシャーベット状の食感に。

dsc_0866

炭酸を含まないので喉にガツンとくる刺激はありませんが、キンキンに冷やした『コカ・コーラ』ならではの爽快感と、クリーミーなシャリシャリ食感の組み合わせが新鮮です。レモンフレーバーがスッキリ感を演出し、休憩時のリフレッシュに、おやつ代わりに、お風呂あがりに、様々なシーンで手に取りたくなるはず。暑い夏に出先から帰ってきて、冷凍庫にコレがあったら最高じゃないですか!

本末転倒ではありますが、グラスにシャーベット状の『コカ・コーラ フローズン レモン』を入れ、キンキンに冷やした『コカ・コーラ』を注いじゃうのもアリかもしれません。

dsc_0683

新製品発表会に登壇した日本コカ・コーラのコカ・コーラ グループ統括部長・島岡芳和氏は、「夏に最高に美味しいコカ・コーラ体験の追求を続けてきた」ことを説明。『コカ・コーラ』のフローズン飲料は2010年から開発に着手するも、細かい粒子で柔らかくシャリシャリした食感を実現できずに一時は開発を断念。しかし、トライ&エラーを続けて100近い試作を重ねた末に、構想から8年を経て発売に至ったとのこと。

dsc_0794

なお、フローズン飲料のラインアップとして、『ファンタ フローズン グレープ』『ファンタ フローズン オレンジ』も同日より発売。近年順調に成長をみせる氷菓市場での売り場獲得も目指すとしています。

dsc_0763

日本コカ・コーラ公式サイト:
https://www.cocacola.jp/

よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。