体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アニメ『ピアノの森』阿字野壮介担当ピアニスト反田恭平インタビュー 「音楽は言語と関係なく通じ合えると伝えたい」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

森に捨てられたピアノをおもちゃがわりにして育った主人公の一ノ瀬海が、かつて天才ピアニストと呼ばれた阿字野壮介や、父が偉大なピアニストな雨宮修平たちと出会うことにより、才能を開花させてショパン・コンクールで世界に挑む姿を描いた一色まことさん原作『ピアノの森』。NHK総合で2018年4月8日よりアニメが放送開始となります。

今回、特筆すべきなのが各キャラクターが奏でる演奏のためにピアニストを起用していること。阿字野には反田恭平さん、修平には髙木竜馬さん、パン・ウェイには牛牛さん、レフ・シマノフスキにはシモン・ネーリングさん、ソフィ・オルメッソンにはジュリエット・ジョルノーさんと、既に実績を残している気鋭のピアニストが担当することが発表されています。

TVアニメ「ピアノの森」ピアニスト紹介VTR – YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=ectfeIMuQTg [リンク]

ここでは、モスクワ音楽院に首席で入学し、2017年出光音楽賞受賞、CDショップ大賞「クラシック賞」受賞するなどデビュー2年にして最も勢いのあるピアニストと目されている反田さんにインタビュー。『ピアノの森』の魅力から自身の演奏へのスタンスまでお伺いすることができました。

pianonomori_sorita_02

ーー今回、『ピアノの森』で阿字野壮介の担当ピアニストに起用されました。まずはオファーを受けた時の感想からお願いします。

反田恭平(以下、反田):純粋に心の底から嬉しかったです。原作も、中学生の頃から読んでいて、大学生の時に全巻読み終わっていました。主人公のカイを除けば、僕は阿字野が一番好きだったんですよ。

ーーもともと『ピアノの森』をご覧になっていて、しかも阿字野が好きだったと。

反田:3年くらい前に『Twitter』で「『ピアノの森』でいつか何らかの形で放送されるのであれば絶対に出たい!」と言っていたんです。だから、夢が現実になったという感じですね。カイではなくて阿字野ということなので教育者目線であるということも重要なキーワードなのかな、と感じています。僕は現在23歳なので、彼の気持ちには到底及ばないところもたくさんあると思うんですけれど、僕自身も将来子どもたちにピアノを教えたいという気持ちもあるので、そういった意味では難しいところもありましたが、すんなり阿字野に入り込めました。彼は全盛期の時に事故に遭ってしまったために、陰と陽が混じり合う複雑な人生を歩んでいたわけです。今回そんな阿字野のピアノを担当させて頂いて、彼の内面が持つ陰と陽ということも表現しつつレコーディングに臨みました。

ーーご自身、阿字野のどういったところに魅力を感じますか。

反田:阿字野はカイとは違って、人生で一番最悪な出来事を経験している人物。そういったどん底で主人公のカイに出会って、どんどん顔の表情も変わってくる。マンガの後半では、閉ざされた人格がカイに出会い解放されていく、その描写がすごく素敵だなって。ピアニストだけでなく音楽家は、いろいろな人生経験を経て音楽が新しくなっていき、自分の表現の幅が広がっていくと思うんですよ。そういった経験を多くしている阿字野が僕にとっては魅力的な人でした。また、原作の中ではピアノをどういうふうに弾いていたといった描写があって、イメージするのが楽しかったです。

1 2 3 4次のページ
ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。